よいミックステープを作るための方法

というわけで今日も大森某店で飲んできたわけですが、
そこでよいミックステープの作り方などのレクチャーを受けてきたので
ここにメモっておこうと思います。
当たり前のことも多いけどしっかり意識していた方がいいので
敢えて書かせて頂きました。

<今日教えてもらったこと>
・お気に入りの曲ばかり入れない(しっかり分散させよう)
語りが入る曲は使いづらい
・いきなりバシっとキメが入って終わるような曲は使いづらい
(次の曲を入れるタイミングが難しい。)
・上記のような曲をどうしても使いたい場合にはフェイドアウトさせるのがベター
・逆にピアノなどが入ってフェイドアウトする曲は使いやすい
・いいアーティストでも、あまりに濃すぎるアーティストの曲
避けた方が無難(全体の流れに馴染まない)
・そのテープを聞く人にとっての異性のアーティストの比率を高めた方が無難
・「いい曲」だけじゃなくて、「その前後の曲を上手に引き立てる曲」、
つなぎやすい曲」といった視点からも音楽を聞こう。

<以前教えてもらったこと>
・ライブ盤は×(なじまないので)
・同じアーティストを使うのも×(まあこれは絶対ダメというものでもないだろうけど)
・盤の状態が悪いのは論外(名曲が入ってるからといって無理して使わない)
[PR]
by pastimeparadise | 2005-11-05 01:15 | 音楽


<< 怖い MUSIQ >>