早稲田出身の言論人はどうして下らない奴ばかりなのだろう

といっても下の投稿と同じく、特にたくさんサンプルがあるわけじゃありません。
久米宏と田原総一郎のことが言いたかっただけです。

久米宏は引退しちゃったからアレなんですがいかにもマスコミ的なチープな意見には
辟易することしきりでした。
「ライブドア事件の時点で久米がまだニュースに出てたら何を言うか」を問われたら
一字一句間違えることなく当てることができそうです。

あと田原総一郎ね。こいつの酷さには目を覆うものがあるわけですが、

・既に(マスコミなどで叩かれ)劣勢になった悪役しか叩けないのに正義気取り。
多くの場合、田原が叩く時点では既に実質的には虫の息になっている。
・「私がそう思うからそうなんだ」といったタイプの自己循環。
・割とまともな発言も平気で潰すピント外れの受け答えと割り込み

そして一番大きいのが、

・他人の意見を聞かないで(もしくは意図的に捻じ曲げて)、さらに大した理論的根拠がなくとも
自分の主張をすることが議論である、という認識を世間に広めたことの害悪

です。これは田原だけの責任ではないんだけどね。
しゃべりばもキンキキッズが出てた討論番組もほぼ同じ構成だし。

ちなみにこのタイプの方法を結論がどうであれ何の利害も生じない議論の中で
使われるととてもイラつきます。(利害が絡む場合は止むを得ない)
まあ飲み屋談義でまともに答える俺も幼いんだけど。

というわけで表に出る世界では、早稲田には文学、舞台芸術などで頑張って頂きたいと
思っています。
作家に限れば村上春樹、重松清、俵まちなど、有名な割に低レベルな人は
あまりいないはずなので…。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-01-28 01:18 | 雑記


<< 朝まで生テレビ 早稲田出身の議員・大臣はどうし... >>