地元のバーについて

二つ下の日記で「知り合いの子が常連だったおかげで地元のバーに
入りやすくなってよかった」ということを書いたんですが、これは理由があります。

俺の住む新杉田(横浜の僻地、横浜の練馬といったとこと)は飲み屋はたくさんあるけど
洋酒が飲める場所が全然ないんですね…。
でもここを見てる人は多分知ってると思いますが、
俺は圧倒的に洋酒の方が好きです。
さらに言ってしまえばジン命です。言い過ぎた。

大森で飲むのは非常に楽しいのですが、終電をやたらと気にしないといけないし
そもそも飲んだ後に1時間電車に乗るのは相当だるいので、
(こういった事情により俺はオールになることが予想される都内での
飲み会はことごとくさぼってきました)
家に20分以内に帰りつける場所で洋酒が飲めるというのはとても魅力的だったわけです。

だから何なんだって話だな。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-02-06 02:33 | 雑記


<< 修論発表での攻防戦 英語一日目 >>