「もうすぐ女子モーグル決勝です」

各種スポーツ選手権や格闘での「もうすぐ」ほどふざけた言葉は
そうそうお目にかかれるものではない。

以前「アッコにおまかせ」で見たのですが、織田雄二などが


もうすぐ○○です!」


と言ってから実際にその○○が始まるまでにかかった時間は
最高で3時間を超えているらしいです。
確か単純平均をとると1時間前後だったはず。

はぁ~?3時間以上先のことを「もうすぐ」?
平均で見ても1時間先のことを「もうすぐ」?
「もうすぐ」という言葉が指す時間が状況によって違うというのは分かりますが
もう少し視聴者の感覚(もうすぐ=0~15分先)に合わせて頂きたいものです。

友達と待ち合わせしているときに友達から電話がきて「もうすぐ着くから!」
といわれて実際に到着したのが待ち合わせた時間の1時間後だったらブチキレですよね。

とは言ってもピンポイントで時間教えちゃうとピンポイントでしか見てくれない
(よってCMを見てくれない→スポンサーブチキレ)といった
大人の事情があるんでしょうね。

では今回のトリノオリンピックではどうでしょうか?
女子モーグル決勝でもこの「もうすぐ」がさきほど(1時過ぎ
使われていました。
でもさっき時間を確認したら決勝は3時から。

は~、脱力です。



<肝心の女子モーグルについて(予選)>
・上村愛子はあんな技(なんとか720)をかましても5位だったのが意外
・ネタキャラ化していた里谷も実際に競技を見たらかっこいい
・決勝に期待
[PR]
by pastimeparadise | 2006-02-12 01:51 | 雑記


<< 上村愛子無念 ホスト漫画 >>