進歩した

下に書いた通り、今から数時間後に数学のテストがありそれから24時間後には
レポート提出があります。
テストの方は9割方問題ないのですが、ヤバイのはレポート。
というわけで先ほどまでレポートをやってました。(これから学校に行ってテスト勉強)

そのレポートは授業に関連することなら何でもいいので
「動的計画法(数学の手法)を使って企業統治(俺の専門)を
分析するモデルを構築することは可能か?」という趣旨のレポートを書くことにしました。

内容は、

・とりあえず動的計画法を使うモデルを作る
そのモデルを自分でボロクソにけなす
・「動的計画法の適用なんて無理じゃん」というオチ

という3つから構成されます。授業内容と自分の専門の両方に絡めて書く方法が
これくらいしか思いつかなかったんです・・・。

結論は最初から予想がついているので言わば出来レースの駒として
モデルを作る(作った)ことになるんですが、ボロクソにけなした挙句にドブに捨てるために
モデルを作るというのがとてもだるい。

ミュージシャンが「この曲どうしょうもねえな」とA4用紙10枚使って叩くために
頑張って曲を作るでしょうか?作りません。
俺がそんな立場だったらワンコードの曲か気合入れてもC-F-G-Cのループの曲しか
作りません(基本的にセブンスも使わず)。

実際俺はそんな立場なので、セブンスも絡まないような曲にしたいのですが
この動的計画法というやつ自体がセブンスどころかテンションだらけといった感じなので
しょうがなしにそんな感じのモデルを作っておきました。が、当然気合は入らないので、
C7に適当にテンションを乗っけたワンコード曲みたいな感じになってしまいました。


それにしても一つのレポートに(手抜きにせよ)ここまで真面目に取り組むのは
文学部時代にはありえない話でした。文学部時代にやったレポートのテーマと
そのレポートへの取り組みは以下のような感じでした。

・源氏物語の一話を挙げて論評(google→コピペ
・ドストエフスキーの著作について論評(あとがきだけ読んで適当に)
・芥川龍之介の著作について論評(google→コピペ)
・日本書紀について論評(天照大神が天岩戸に隠れたことについてケチをつけるだけ)
・西欧原語について(これは真面目にやった気が)
・連歌について論評(本の一節を丸パクリ)

などなど。卒論だけは3年から準備していたし相当真面目にやったのですが、
その他のレポートはこんな感じです。これでも普通に単位は来ました。
(ちなみに俺の友人は「好色一代女」(男ではない)の授業のレポートに近所のキャバ嬢
のことを適当に書いてましたがそれでも普通に単位は来ていました。)

このことを思い出すと自分も進歩したな、と思います。

さてシャワー浴びて学校に行こう。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-02-23 04:33 | 雑記


<< テスト終了 Stevieのカバー集に入って... >>