北斗の拳

e0054096_1553239.jpg赤い部分が昨日のカラオケで(グルーブのかけらもない)タンバリンを振り回したせいで出来たアザです。

ところが俺が昨日どのようにタンバリンを叩いていたかというと、
タンバリンで16ビートを刻むときにやる、

・右手の手首でタンバリンを動かす
・左手で拍の頭に叩く

というパターンです。
当然手のひらで叩いたのですが
出来たアザは手の甲にあります。

確か北斗の拳で秘孔を突くと
突かれた部分の(体の)裏側が弾け飛んで死ぬ
という技があった気がしますが、
まさにそんな感じ…。

俺の手の甲は数日以内にはじけ飛んでしまうのでしょうか?
[PR]
by pastimeparadise | 2006-02-27 02:00 | 雑記


<< 血の気が引いた 初回と2回目の受講者数 >>