ここ1年の様々な仕事の感想など

1.テスト採点
・採点基準を頭の中に入れてしまえばあとは極めてスピーディーに仕事がこなせるようになるため、
時間当たりの収入がどんどん上がる(つまりおいしい)
・ミミズの這ったような字の奴には殺意が沸く(適切な範囲で減点
・模範解答の方が間違ってる場合にどうすべきか悩む
・基本的につまらない
・何のスキルにもならない

2.家庭教師(元生徒さんもここを見ているわけですが・・・)
・金銭面ではまあまあだし自分自身の勉強になる
・あまりプレゼンの練習としては役立たないが、論理的な説明をする力は向上する
・知識も整理される
・正式な契約はしないので、一方的かつ授業の直前に破棄される可能性がある。
(というか実際にあった)
・基本的に他人の能力を向上させることを手伝うのは好きなので面白い

3.テキスト等の校正
・軽く本を読むだけで金がもらえるという意味ではいい仕事
・1回読んだくらいでは内容上の間違いは気づきにくい
・基本的につまらない
・何のスキルにもならない

4.模試等の問題作り
・問題作成と校正2回分を終えた翌月に給料が入るため、問題を作ってから
実際に給料が振り込まれるまでに3ヶ月くらいかかる
・割と手間がかかるのでおいしくない
・1問当たりいくら、という感じなので気合を入れた問題を作るインセンティブがない
・解説で微妙なミスをするとしっかり突っ込まれるので面倒
・一番作りやすい計算問題はNGという指示が出ているのでネタがなかなか思い浮かばない
・問題のネタ作りの力は、TAなどになった場合には使えるスキル
(つまり大学内限定で有用なスキル)
・基本的につまらない

5.講師
・準備にかなり時間がかかる・1時間前出勤などの理由により
実質的な時給がかなり下がるため、当初の予想ほどにはおいしくない
・5時間立ちっぱなし喋りっぱなしはかなり疲れる
・講師室にある自販機はタダでコーヒーとかが飲めるようになってるのかと思いきや
20円引きになっているだけだったのが残念(せこい)
・雑務(テスト回収など)は他のバイトの人がやってくれるのでその点は楽
・プレゼンの力はある程度つくが、企業内での目上の人に対するプレゼンのスキル
にはあまりならない
(自分が明らかに下の立場のときとそうでないときでは同じプレゼンでも要求されるものが
全然違うということをやっと認識しました)
黒板・手持ちマイク・レジュメは原則配布禁止なのでやりづらい。
パワポとか使わせてくれという感じ。
・ただし手持ちマイクに慣れるのでカラオケに対する抵抗感が減った。
・特に外国人の先生は授業で生徒のリアクションがないことを嫌がるが、
この気持ちがようやく分かった(塾講師は未経験なので今さら知りました)
・最後の方になると疲れて言い間違いが増えるのが心苦しい。
・なんだかんだで面白い(受講生30人もいませんが…
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-07 01:37 | 雑記


<< TOEFLの申し込みが面倒くさすぎる 学部時代の知り合いがネット上で... >>