Lutherへのリスペクト


友人K君に勧められ、2005年に亡くなったLuther Vandross
のトリビュートアルバム"So Amazing"を購入しました。
Lutherにはそんなに馴染みがないので買ってなかったのですが、
今まで買っていなかったことをとことん後悔
マジでかっこよすぎですよ…これ…。

まずメンバーが豪華すぎ。
メンバーが豪華だからいいアルバム」という論法には
反感を覚える俺ですが、Mary J. Blige, Usher,
Donna Summer, Stevie Wonder, Alicia Keys,
Angie Stone, Aretha Franklin, Beyonce, Babyfaceなどの
これでもかというくらいの豪華メンバーを揃えられると
さすがに驚かざるを得ません。

メンバー揃えるだけ揃えといて実際聞いてみたら微妙だった
なんてことも起こり得ますが(Slyのトリビュートみたいに)、
このアルバムに関しては全然そんなことなかった。
あまり好きじゃなかったMary J. Bligeによる"Never Too Much"からして
ヤバイというかなんと言うか…。かっこよすぎ。
全体としてみなさんLutherの曲やそれ以外の曲を自分のものにしてる、
っていう感じで、単なる企画アルバムという以上に一つのアルバムとして完結しています。

このメンバーの揃い方とカッコイイ音を考えればLutherがいかにすごかったか
というのも伝わってくるし(優秀なアーティストがリスペクトする人も
また優秀である、という論法)、だからこそLutherをしっかり聞いていこうかな、
などと思いました。

しばらくはひたすら聞き続けることになりそうです。K君に感謝!
[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-06 02:28 | 音楽


<< 4年ぶりの再会 俺の名前 >>