TOEFL

3月29日に受験したTOEFLのスコアが届きました。結果は

Listening 16/30
Structure・Writing 26/30 (Writing 4.5/6)
Reading 27/30
合計 230/300

というものでした。思ったよりよかったので満足。

予想ではwiritngのスコアは3.5くらいで、よくても4.0だと考えていたので
それに比べれば随分といい結果。
これは院の友人Y君に聞いたストラテジーを実践したことによります。

その方法とは「問題文に使われている文をほぼパクったりしてもいいから、
とにかく文章の量を増やす
」という方法。

第1パラグラフ:導入(問題文のパクリ)→結論→大まかな根拠の列挙(2,3つ)
第2パラグラフ:根拠その1の説明(第1パラグラフを一部引用)
第3パラグラフ:根拠その2の説明(第1パラグラフを一部引用)
第4パラグラフ:根拠その3の説明(第1パラグラフを一部引用)
第5パラグラフ:結論(問題文のパクリおよび第1パラグラフの一部引用)→軽く補足

「引用」と書いている部分は若干表現を変えているものの内容的にはほぼ引用。
なんというか、要するにTOEFLのwritingは

どうでもいい内容をいかに構成的長ったらしく書くか

が大事なのであって、ETSのサイトなどに書かれているような
「論理性」など殆ど必要がないということがこれで確認されました。
要するに考えるより書け、って感じでしょうか。

一応の目標ラインはlistening 25, structure/writing 28, reading 28で
合計270ですが、structure/writingに関しては一歩近づいきました。
listeningに関しては全く目標に近づかず…。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-17 21:58 | 雑記


<< fuck 仕事 >>