福井

日銀福井総裁が村上ファンドへの1000万円の私的な投資によって
辞任に追い込まれつつあります。
実際、どこかのニュースよれば49%もの人が福井総裁辞任に賛成していますが、
はっきり言って「何でこんなことで辞任しなきゃいけないの?」って感じです。

こう言うと福井総裁を相当支持しているように思われそうですが、
全くそんなことはありません。
経済理論をやっている人の多くは(そのレベルを問わず)基本的に
「中央銀行のトップは経済学に関する学術的バックグラウンドを持つ人がやるべき」
という考えをもっており、その経済学徒の末端にいる俺もその考えを持っています。
(実際、アメリカFRBは学術的にも非常に優れた成果をあげているバーナンキが総裁)

よって基本的に福井総裁にはいつでもやめて欲しいと思っていますが
それとこれとは話が別です。

また、「福井総裁が責められるべき点は何もない」と思っているわけでもなく、
結果としてインサイダー取引をやらかしたファンドに対して日銀トップが
出資していたというのは、結果としては倫理上問題があった思っています。

では福井総裁は事前に村上が倫理に反する行為を行うと知っていたのか?
これは知らなかったと考えて間違いないでしょう。
彼の基本スタンスである「モノ言う株主」は特に法律を学んだ人にとっては
当然の考え方です。株主は法律上会社の所有者であるから
最終的に会社が生み出した余剰は所有者たる株主に還元されるべきである、
という考え方は、効率性の観点からは議論の余地がありますが、
少なくとも法律上のシステムを所与とすれば当然の思想ですし、
これ自体は何の倫理に反するとも思えません。

つまり考え方は法学を真剣に学んだ人の多く(または経済学徒の一部)
にとっては当然であって、その趣旨に賛同して福井総裁が出資したのも当然です。
実際俺が村上ファンドに投資しうる立場にあったら、少なくない確率で村上ファンドに
出資したと思います。
よって出資そのものを倫理の観点から批判するのは完全に的を外しています。
そもそも公益を追求する主体が村上ファンドに出資していたこと自体を批判するのなら
福井総裁だけではなく農林中央金庫なども批判されないといけないのでは?
この点でメディアの批判は整合性を欠いているように思います。

むしろ問題は倫理上の問題が生じているという情報を知りうる立場にありながら
資金を引き上げなかったこと
にあり、メディアでもある程度良識を持っている人は
この点に関して批判しています。
が、福井は法律違反を知りうる立場にあったのか??
LD・村上ファンド間でも情報漏えいには気遣っていたというのに、
福井総裁が簡単に知りえたとは全く思えません。

というわけで、福井総裁自身から見ても、村上ファンドは事後的に法律違反を
していたことが分かったに過ぎず、これを責めるという行為は正当化できません。

にも関わらず、実際には辞任に追い込まれようとしています。

このことが意味するのは「日銀総裁はファンドに投資すべきではない」ということ
ではないでしょうか?と書くと逆説的ですが、これが意味するところは、

「ちょっとでもまずいことをやるとメディアや政治家に揚げ足をとられまくって
政策運営が自由に行えなくなるため、金融政策の遂行能力に問題が生ずるため、
変なファンドには投資すべきではない」


ということであって、メディアが言うような理由ではありません。
実際アメリカでは「福井はこの事件のせいで金利を上げづらくなった」などと
報じられているようです。

まあ、どうでもいいスキャンダルで立場を追われるなんてのはどこでもある話だけど
今回のはメディアにつぶされたなぁという感じです。どうなるかな。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-19 01:09 | 雑記


<< 検索キーワードランキング ギャルサー >>