Lutherその1


最近Luther Vandrossばかり立て続けに
5枚ほど購入しました。

その中でも一番楽しみにしていたのが1985年の
アルバム"The Night I Fell The Love"。

いや~、やっぱカッコイイ。
一番聞きたかったのはLutherのトリビュートアルバム
Fantasiaがカバーしていた" 'Til My Baby Comes Home"
なんだけど、軽快だけど切ない感じがたまらない!音自体はまさに80年代的で、
俺の狭い80年代サウンドの中で言えばmtumeに似た感じというか…。
こういうのに弱いんだよなぁ、俺。

あと面白いのがStevieのカバー"Creepin' "。
トリビュートアルバムだとこの曲をさらにカバーしているのが面白い。
「松村邦洋が掛布の真似をするときの物真似」みたいなノリです。

元々はもっとねちっこい声が好きだったのですが
Lutherみたいに少しかすれた感じの声も好きになりそうです。

他にもトリビュートに入っていた"If Only For One Night"も収録されています。
これなんかはカバーよりも原曲の方がいいんじゃないかと思います。
泣けるというか渋いというか甘いというか…。
ここまで暗い照明が似合う曲ってないよなあ。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-23 23:21 | 音楽


<< 混乱 留学 >>