Marlena Shaw


続けて購入してみたのがMarlena Shawのアルバム
"Who is this bitch anyway?"です。
今さら買ったのか?と言われそうなシロモノではありますが…。

とにかくオシャレサウンドだな!特に1曲目。
ウォーキングベースになったり色々とリズムが変化する中で
彼女が少しブルージーに歌い上げていくのだけど、
一言で言っちゃえばエゴラッピンだなぁ。
というかエゴラッピンが目指してたのはこういう音なのかな
って気がしなくもない。

全体的にオシャレ感が出ているアルバム。
アンチも割といて、彼らはこの露骨なまでのオシャレっぽさを
逆に凡庸と解釈しているようです。
まだ全体をちゃんと聞いてないので何ともいえないですが、
これはErykah Baduなんかへの批判と相通ずるものがありそうだなと。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-25 01:14 | 音楽


<< Lutherその3 Lutherその2 >>