アニメ

この前友達と恒例(半年に一度)のラーメン会をやってきました。
昼間から夜にかけて適当に選んだラーメン屋3軒を回るというだけの企画なんだけど、
これが案外面白いんです。

友人は体育会系オタク人間で、非美少女系のアニメに関しては相当詳しいのですが、
(つまりアニメ好きだが萌え萌え言ってるタイプではないということ)
今回は日本のアニメについて話していました。俺は主に話を聞いていただけだけど…。
2人で合意に達したのは以下の二点。

・日本のアニメってアメリカより30年進んでるよね(ファンクは30年以上遅れている気がします)
・っていうか日本のアニメの二流どころの人はもっとアメリカ行った方がいいんじゃね?

前者は言うまでもない話で、例えばX-MENやシンプソンズの絵のレベルは、
素人目にはせいぜい手塚治虫のレベルか、それよりも遥かに低いレベル。
別に画力だけが重要というわけではないが、日本にまで知れ渡っているアニメで
あのレベルと多様性のなさということは、米国内のレベルは押して図るべし。
そんなんだから村上隆のつまらないフィギュアを評価しちゃうんだよ、と言いたい。

後者について。上に書いたように米国の水準は日本に比べて30年分劣っているのだから、
逆に米国は日本の(二流どころの)アニメ製作者を積極的にリクルートすることによって
自国のアニメ水準を向上させることが可能です。
また、日本で二流どころのアニメ製作者は米国では一流になれる可能性が高い。
(これは上にも書いたように、村上隆のつまらない萌えフィギュアに対する高評価を見れば
彼らの日本アニメに対する非常に高い評価が分かる)
つまり双方にとってメリットがある話なので、自然な成り行きの帰結としては

「日本の二流どころのアニメ製作者が米国に行き一流になり、さらに育成することによって
米国のレベルも上昇する」

というのが妥当に思える。
では何故そのようなことは起きないのか?

・現在育成途中であり、まだアウトプット段階に達していない
・実は日本よりも遥かにマーケットが小さい(実は、ということもないのかも)
・日本のアニメ製作者が強い国内志向を持っており、実際にはいいオファーを
米国業者から提示されているにも関わらず拒否している。
・俺らが知らないだけのこと。

とまあ色々考えたのですが、答えは出ないままでした。なんでなんでしょう?
[PR]
by pastimeparadise | 2006-08-27 20:30 | 雑記


<< what you won... What's the ... >>