daft punkのPV

daft punkのPVをいくつか見た。見たのは、

・one more time, harder better faster stronger, digital love
などの「松本零士が作った系」
・around the world, da funk, face to face

↑daft punk「around the world」のPV

などの合計6曲分。常々思うけどPVのセンスの良さはテクノ系がずば抜けてる気がします。
高校時代はprodigyにはまっていて、
one love, firestarter, out of spaceとかが
好きだったのですが、わざわざ友達にMTVでやってるやつを
録画してもらってそれを何度も巻き戻して見ていた記憶があります。
こんなことをやったのは、このdaft punkのやつと、あとは
Marvin Gaye and Tammi Terrell
Ain't no mountain high enough」のPVくらい。
あとは、頻繁に見るわけじゃないけどjamiroquai
virtual insanityのPV。

一方、funkとかのPVは(上に書いたMarvinのを除き)あんま
好きじゃなかったりする。いや、StevieだとかMarvinが
歌ってる姿が見れるっていう意味で貴重なので
それはそれでいいとは思うのだけど、創られた映像としてあまり面白くない。

特に嫌いなのが最近のhiphopにある

・黒人女性を躍らせる
・プールサイドで女性を両脇に抱えながらラップ
・普通のスタジオで歌うようなスタイルでラップ
・上記3つの映像の繰り返し

みたいなパターン。そんなにあるわけじゃないけど
PVに対する愛情のなさに腹が立ってきます。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-12 22:31 | 音楽


<< 髪切った 修論 >>