カテゴリ:音楽( 109 )

Bootsyひさびさのアルバムが10月31日発売

e0054096_21151571.jpgBootsyが久々にアルバムを出すらしい!!!http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000IU3YLO
[PR]
by pastimeparadise | 2006-10-29 21:15 | 音楽

In The Groove

RogerやBlackstreetなどをやってしまう恐怖のバンドSicken Soulのサイトで
以前からたびたび書いている大森のソウルバー、In The Groove(インザグルーヴ)が紹介されています。
お店の雰囲気などはこちらの方がリアルに伝わってくるかなと思いますのでご参考に…。

http://members2.jcom.home.ne.jp/dindimusic/inthegroove.html
[PR]
by pastimeparadise | 2006-10-22 01:52 | 音楽

Unplugged / Jay-Z (01')

e0054096_2345445.jpg5月に始まった80年代を聞こうムーブメント、
7月に始まった90年代以降を聞こうムーブメントに続き
8月からはhiphopを聞こうムーブメントが始まりました。

ってわけでTSUTAYA半額デーに便乗してhiphopばかり
10枚ほど借りてきたのですが、そのうちの1枚がこの"Unplugged"。
Jay-Zのライブですが、なぜかThe Rootsの面々なんかも
参加しています。

元々hiphopに対する偏見は強く(今でもありけど)、所謂オーガニックと
言われるThe Roots、Commonあたりしか好んでhiphopは聞いて
いなかったのですが、それはあまりよくなかったなぁと実感。
The Rootsとかも好きなんですが、声自体にあんまりグルーブ感じないんですよね。

Nas、Dr. DreそしてJay-Zあたりのもたれ気味のラップから出てくる
ゆるいグルーブ感が結構たまらなかったりして、そこにいいネタが使われてる
とかなりグッと来てしまいます。

このUnpluggedで一番はまったのはgirls, girls, girls
お涙頂戴系ストリングスに緩いラップが乗ってるのがたまらない。
俺ってやっぱこの手の曲に弱いですね。。。

Izzoは結構人気あるみたいですが、I want you backを露骨に使いすぎてて
俺は全然好きになれず。こういう元ネタが強すぎるのは苦手なんだよなー。
他には、Heart of the cityは元ネタの不思議な中南米系サウンドに合わせて
軽く渋い曲になっていてかっこいい。

Busta Rhymes, Run DMCなど色々借りてきたのでちゃんと聞いてみようと思います。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-09-04 00:08 | 音楽

The Gap Band Ⅲ / Gap Band ('80)

e0054096_22182685.jpgBobby Caldwell "what you won't do for love"と
同じように元ネタ発見の旅で見つけたもの。

この"The Gap Band Ⅲ"はNas "Life's a bitch"の元ネタである
"Yearning for your love"を聞くために
購入したのですが、それ以外もかなりいい!

1曲目"When I look in your eyes"はかなりアップテンポの
ホーン隊が頑張っちゃってる系ダンスナンバー。
結構パーカッシブな音も入ってて、「軽快なファンク」という言葉が合っています。

2曲目"Yearning for your love"。イントロいい曲だなぁ。
ミドルテンポで綺麗なギターのカッティング、そこに軽い歌が乗っています。
カッティングの爽やかさだけだと昼間に公園で寝転がって聞けそうな
曲調でもあるんだけど、ところどころにある切ないコード進行のため、
酒が似合いそうな曲に変わっている、って感じです。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-08-28 22:36 | 音楽

Another Level / Blackstreet ('96)

e0054096_21574820.jpgBlackstreetの2ndアルバム"Another Level"
Blackstreetは1stの"Blackstreet"にかなりはまったので
早速こちらを購入してみたのだけど、こちらもかっこいい。

2曲目"This is how we roll"からして熱い。
3曲目"No Diggity"Dr. Dreをフューチャリングしている曲。
曲の構成とかで言えばかなり単調な曲なんだけど、
一回聞いたら二度と忘れないなぁ。(ピアノみたいな音のキメの印象が強い!)
Bill Withersをサンプリングしてるみたいなんだけど原曲は聞いたことなし。

4曲目"Fix"は最高。結構メロウに歌い上げる系の曲なんだけど、
こういう切ないコード進行に載せて歌われると、どうにもたまらない感じです。

8曲目"Never Gonna Let You Go"はよくも悪くも安全な曲。
この手の典型(コード進行とか)をとことん突き詰めているので、
はまる人と逆に敬遠する人で二極化しそう。ちなみに俺は後者です。。。

1stの"Blackstreet"は俺の知ってる曲がやたら使われているということもあり(PやEWF)
かなり気に入ってるけれど、彼ら自身の良さって意味では2ndの方がいいのかなぁ。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-08-28 22:19 | 音楽

The Revival / Tony! Toni! Tone! ('90)

e0054096_21354996.jpgTony! Toni! Tone!の"The Revival"。
横浜の中古レコ屋(レコファン)を見ていたらたまたま
発見して買ったのだけど、買った理由は

面白そうなカバーが入ってそうだから

曲名を見てみると、

・Oakland Stroke
・Skin Tight
・Sky's The Limit


って書かれているので、俺の心境としては
「え?Tower of Power? Ohio Players? biggy?」と思ってしまうわけです。
(biggyは時期的にあり得ないのだけど)

聞いてみた感想は、「アルバム自体はかっこいいけど、カバーは大ハズレ」。
特にOakland Strokeはなんでやってるんだか全く意味不明。
なぜかVanessa Williamsが参加していてちょっと気合入ってるんだけど、
小西康陽がカバーするJackson 5なんかと同じで
お前、小遣い稼ぎでやってるだけじゃねーの??」といいたくなるような
つまらないOakland Stroke。

下のRogerの"Papa's got~"の部分で書いたように、これこそまさに
原曲潰し」のカバーだと思います。
さらに言ってしまうと、このカバーは俺が嫌いなリミックスに共通して見られる
コード感をなくしてラップを入れる」ということを見事にやってのけているんですね。
こういうのマジ勘弁。。。

曲順を戻して1曲目"Feels good"はすげえかっこいい。
90年代ファンクって感じがします(実際そう呼べるものかは知らないけど)。
ただ、ずっと入っている女のやらしい声はどうにかならないものかな…。
ハーバルエッセンスシャンプーのCMと同じタイプの気まずさがあるんですよね…。

9曲目"Sky's the limit"は当然notorious BIGとは全く関係ないのだけど、
これは適度に力が抜けたミドルテンポでとても聞きやすくていい曲。
下らないオークランドストロークなんてやらないで最初からこういうのを
やっていればいいのに…、と思わずにはいられませんでした。

12曲目"Skin tight"もOhio Playersとは関係なかった。
こういう曲をNew Jack Swingっぽいと表現するんだろうか…。
シャッフル気味のリズムとやたらとオケのヒット音が入ってきたりとか。
まあかっこいいので全然OK。

というわけで、カバー曲であることを疑った3曲のうち、

・実際にカバーであったOakland Strokeはクソ曲
・全く別の曲であった"Sky's the limit"と"Skin tight"はかっこよかった

という皮肉な結果に終わったのでした。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-08-28 21:54 | 音楽

unlimited! / Roger ('87)

e0054096_21304890.jpgRoger Troutmanの"unlimited!"を購入。

早速聞いてみてぶっ飛んだ!
何でこんなにかっこいいの??まじで。

1曲目"I want to be your man"から始まる至宝の数々。
talkboxを使ったRogerの切ない声がたまらん!!
2曲目"night and day"はどちらかっていうとマイケルジャクソン
のセンスに近いものを感じる…。まあ80年代後半って基本的にこんな感じなのかな。
やたらスネアにリバーブがかかっていて…というやつ。
5曲目は御大JBの"Papa's got a brand new bag"。
この人も結構カバー好きだなぁ。Stevie"Living for the city"の他にも
Lionel Richieなんかもカバーしていた記憶がある。

Rogerのカバーはうまく自分のカラーに染めているので、
「原曲を潰すな」「原曲そのままじゃん」みたいな感想を持たずに済みます。
とはいえ、Living for the cityはやはり少し原曲に振り回された気がしたけれど…。

6曲目"thrill seekers"最高!!!
単に俺が一番好きな「Rogerが高音で伸ばしている部分」が多いから
かもしれないですが、昨日買ったのにこの曲ばかり既に10回近く聞いて
しまっています。

このアルバムも大当たりでした。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-08-28 21:30 | 音楽

what you won't do for love / Bobby Caldwell ('78年)

e0054096_20401227.jpg困ったときの元ネタ頼み言ったもので、何か聞きたいけど
何が聞きたいともいえないときは、俺の場合は元ネタを漁ることが
たまーにあります。

で、今回はBobby Caldwell "what you won't do for love"
を聞いてみました。
元々の趣旨が元ネタの旅なだけにとりあえず目がいくのは
当然元ネタです。

2曲目"my flame"はnotorious B.I.G. "sky's the limit"、
6曲目"what you won't do for love"は2pac "do for love"の
元ネタです。(って言うまでもないか…)

所謂AORに属するアーティストはBoz ScaggsとTOTOくらいしか分からんし
その二者すらまともに聞いたことはないのだけど、全体としていい感じの雰囲気
出しているなぁ・・・。ジャケからして「いい感じの雰囲気」バリバリで、
逆に憎くなってきてしまうくらい。

曲自体は全体的にイージリスニングで俺の思うAOR像通りといった感じで、
まあ特に強い癖はない。
でもこの人が面白いと思うのは、一部分だけ切り取ってみると強い癖を持っている
ということかな(もちろんいい意味での癖)。
例えば上に書いたmy flameなんかは曲全体としてはあまり面白くなかったけれども、
さすがによくサンプリングされるだけあってイントロはかっこいい。

これからももっと聞きたいアルバムです!
[PR]
by pastimeparadise | 2006-08-27 20:53 | 音楽

What's the 411? / Mary J. Blige

e0054096_3341960.jpgMary J. Bligeのファーストアルバム"what's the 411?"。
いやー、かっこよすぎる。

他のアルバム聞いたときとの一番の感想の違いは、
「この曲はMaryじゃなきゃ歌えない」と感じたところ。
他のアルバムにもeverthing、my lifeなどいい曲はあるのだけど、
イマイチ彼女自身という素材で勝負してない感じがしてました。
(好きな曲に限ってコーラスや楽器がやたら分厚いからなんだけど)

それに比べてこのアルバムはファーストだからなのか何なのか
コーラスも楽器もそんなに厚くないので若干音がスカスカな分だけ
彼女の魅力がちゃんと出ているという気がします。
それにReminisce, Real Love, Sweet Thingなど名曲揃い。

音使いがケバケバしくないところが気に入ったのかな?
自分でも分かりません。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-08-08 03:43 | 音楽

大森 In The Grooveの紹介ホームページ

※この投稿は常に上に来るようにしています。これが上に出ていても更新は
されているのでお間違えないよう。


2017年7月3日更新:以前の情報は既に古いため、更新させていただきました。)
大森「In The Groove」の紹介ホームページです。
URL: https://inthegrooveomori.jimdo.com


[PR]
by pastimeparadise | 2006-07-28 08:43 | 音楽