カテゴリ:音楽( 109 )

Soul Embassy and Mugen

最近某所でよく名前を聞く「Soul Embassy」と「Mugen」(両方ともdisco)について少し調べてみました。

1.Soul Embassy
・六本木にあった、主に黒人を対象としたディスコ
・70年代前半~80年代初頭
・soulやfunkが主
・客はほぼ黒人日本人女性のみ
黒人もしくは日本人女性同伴でないと日本人男性は入れない
・「大使館」という名前もあった(正式名称か呼称かは不明)

2.Mugen
・赤坂にあった、主に黒人を対象とした(?)ディスコ(ゴーゴークラブと呼ばれるらしい)
・1968年開店、1987年閉店
・soulやfunkが主
・単なるDJプレイだけではなく、生演奏(ライブ)がある(Con Funk Shunその他有名どころが多数来日)
・Soul Embassyほど黒人の割合は高くない
・クリエイティブな職種の人が多く集まっていた
・グーグルで検索したら2chにこんなスレッドがありました。

どっちも割と伝説的な感じで語られてるから当時は相当すごかったんだろうなぁ。Soul Embassyは今あってもおっかなくて行けないので俺の生活とは無関係になりそうですが、Mugenはいいなぁ。soulとか限定で生演奏やってくれる場所なんて今はないし。これからこういう店ができてくれることを祈ります。


ネットで調べられる情報には限界がありますね。まあこんな感じということで。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-06 23:21 | 音楽

Maceo Parker

ブルーノートでメイシオを見てきました(1st stage)。なんつーか、案外毒気が抜けてました。昔のJBだのPだのでやってた頃のTrouble Funkばりの悪者顔じゃなかった。

曲は合計で10曲弱くらいだったと思うんですが、確実にやっていたと思われる曲は
To be or not to be (School's inより)
funky good time
make it funky
pass the peas

あとはfunkoverloadから1曲

という感じでした。いやー、Maceoには悪いけど彼のオリジナル曲よりJB節が出てくると会場が沸きますね。東京JAZZに行った時も最近のHerbieの良くわかんない曲よりもCameleonやってる時の方が断然沸いてたし。funky good timeあたりから客がオールスタンディングになってみんなノリまくりという中々面白い状況でした。あと、Maceoの息子(Coley Parker)はいらないですね。ラップかましてましたがあんま面白くなかったというかメインで歌わせすぎ(しかもアンコールで。)という感じでした。

細かい感想(一部閲覧者には話したことだけどご勘弁を)
・Tbはかなりハリのある音+クールな見た目とギャップのある間抜けなアクションがよかった
・Tpはバカみたいにハイノート出してたけれど、もう少しアドリブひねってほしかった
・Gtは(前評判の割に)控えめだった
・アメリカでも極端なデブ向けのスーツってのはないんだな、と思った(デブはベスト着ろってことですね)
・Maceoが去ってからPass the peasをやるのはマジで勘弁してほしかった
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-05 23:41 | 音楽

funkanation

Stevieだけのイベントってないのかなぁとつくづく思います。学部時代はfunkanation
(このサイトの運営者であるDJさんが開催している(いた?)イベントのようです)
に行きたいけど面倒なので行かないみたいな感じで結局行かなかったわけですが、今はむしろこの手のイベントよりむしろ70年代中心の、さらに欲を言えばStevie縛りのイベントがあれば喜んで参加しちゃうんですが、っていう感じです。

このイベントが非現実的ではないと思う理由の一つはやっぱ曲(そして名曲)の多さ。
名曲の数=曲の数×いい曲の割合と考えると、
Stevieは少なくとも30枚のアルバムを出していているのだから少なくとも300曲近い曲を出していて、俺の感覚ではそのうち少なくとも1/3は名曲だと認識しているので、300×0.33・・・=100曲あります。100曲の名曲とそれを補う200曲があればイベントとして十分成立するのでは・・と思うんだけどこれは俺の勘違いでしょうか。

StevieレベルだったらStevie縛りのイベントでも定期開催じゃなきゃうまくいくと思うんだけどなあ。誰かやってくれないのかな。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-05 14:25 | 音楽

CD購入(感想を少し追加)

アマゾンで購入したCDたち。


・「School's in !」 Maceo Parker
→9/3にブルーノートでライブ見てくるので予習用に購入。Jackson 5のABCがカバーされてます。あと、Candy Dulfer参加。(どうでもいい)
dial maceoよりは好きだけどJBs色が強い頃の方がやっぱ好きです。





・「Stevie」 Yesterdays New Quintet
→最近Stevie Wonderの曲のカバーに凝ってるので購入。CDそのものもStevieらしくなっていて(TAMLAレーベルっぽくなってたり、内ジャケがinnervisionsっぽくなってる)面白い。
blue note plays stevie wonderよりもうまくstevieを吸収してる感じだったので違和感なく聞けました。(blue note~は一部違和感ありすぎて微妙だったので。) 





・「Greatest Hits」 Roger and Zapp
→80年代funkの神Rogerに最近はまってるので購入。ベスト盤は痛いと思いつつベスト盤を買ってしまう自分が恥ずかしい。ちなみに1曲目にはStevieLiving for the cityのカバー、2曲目にはparliamentのChocolate city、10曲目には故2 pacの名曲(タイトル同じ)の元ネタになってるCalifornia loveが入っています。ロジャーはマーヴィンの「I heard it through the grapevine」もカバーしてるけど、これも秀逸。ロジャーはまるで自分の曲であるかのようなオリジナリティを持つカバーをする(しかも原曲を壊してない)ところがすごいと思います。何で死んだんだよ・・・。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-08-30 23:36 | 音楽

月間Stevieランキング(8月)

今月いけてると感じたStevieの曲TOP5を挙げたいと思います。括弧内はアルバム名、また太字の曲はすべてリンク先で聞けます。

1. Smile Please (Fullfillingness' First Finale)
2. That Girl (Musiquarium)
3. Dancing to the Rhythm (Natural Wonder)
4. Pastime Paradise (Songs in the Key of Life)
5. Superwoman (Music in My Mind)
[PR]
by pastimeparadise | 2005-08-30 17:12 | 音楽

一時的にタイトルを変更

タイトルをpastime paradiseからthe phantom of the funkに一時的に変更します。これは、うちの母が買ってきたオペラ座の怪人(DVD)に強くインスパイアされたからです。舞台でも見たけど映画はやっぱ迫力あっていいですわ。

ちなみにthe phantom of the funkは当然「ファンク座の怪人」ですが、これはもちろん↓Bootsyを指しています。「ファンク座」っていうかBootsy自身が星みたいなもんなんですけど。 
e0054096_1521457.jpg












      
[PR]
by pastimeparadise | 2005-08-29 01:52 | 音楽

聞いたことがあるテクノらしきテクノ

technoと呼ばれる分野はあんま聞いたことないなあ、と思ったので自分の家にあるそっち系のCDを見てみたら、以下のような感じだった。

・chemical brothers…大して面白くなかった
・underworld…born slippyかshudderが好きです
・prodigy (むしろデジタルロックってやつでしょうか)…デジタルロック始める前の曲(one loveやout of spaceとか)の方が好きでした
・hospital (むしろドラムンベースってやつでしょうか)・・・記憶なし
・YMO (むしろテクノポップってやつでしょうか)・・・東風と千のナイフと中国女
・kraftwerk (むしろエレクトロってやつでしょうか)…どうしても音がチープに感じてダメだった
・derrick may…デトロイトテクノの元祖。strings of lifeは最高。デトロイトは案外音楽がいけてると思う

で、だから何なんだという感じですが、要するにテクノを全然聞いてないからもっと聞きたいんです。そんなわけで前々から(2年近く前から)欲しくてたまらなかったdaft punkインターステラ5555

さらに欲しくてたまりません。これは単にdaft punkがまあまあ好きっていうのもあるんだけど、それ以上にこのアニメーションを担当してるのが松本零士だっていうことですね。俺は小学校の時は毎年夏休みは親の実家である大分で「宇宙戦艦ヤマト」を見ていたし、未だにたまに宇宙戦艦ヤマトのビデオをTSUTAYAで借りてしまう程度には松本零士をリスペクトしているので、是非これは見たい!と思っています。

まあ、テクノポップの王道daft punkだけじゃなくてもっとマイナーなのも聞きたいんだけど、イマイチ何聞いて分からないので、とりあえずdaft punkから攻めて行こうかと思います。多分すぐに飽きるけど。

そうえいば今日の新聞に「シンセサイザーの創始者・モーグ死去」と書いてました。高校の頃やたらシンセに憧れてたときは、島村楽器においてあったMoogを見て(今思えばあれは本物だったのか分からないけど)、「大学生になったら絶対これ買うぞ」とか思ってました。家で殆ど使用されることなく埃をかぶっているRolandのキーボード2台を見るたびに、Moogなんて買わなくて正解だったとつくづく思います。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-08-25 01:48 | 音楽

分類に迷う

前置きばかりで微妙なので、とりあえず何か書きます。
今日は友人2人と都内某所にあるバーで飲んでました。

その時に俺が話題にしたのは「Stevieのベストアルバムは選曲がダメダメではないか」ということです。実際今アルバムを見てみると、曲は以下のようになっています(太字は日本国内でも商業的に成功したと思われる曲)。



1. isn't she lovely
2. i just called to say i love you
3. superstition
4. higher ground
5. sir duke
6. master blaster (jammin')
7. ebony & ibory
8. uptight
9. living for the city
10. you are the sunshine of my life (平井堅がカバー)
11. lately
12. part-time lover
13. my cherie amour
14. yester-me, yester-you, yesterday
15. a place in the sun
16. for once in my life
17. stay gold
18. overjoyed
19. for your love
20. kiss lonely good-bye
21. redemption song

ここまで列挙して感じたのは、確かにベスト盤として順当だな、ということ。飲みながら「あのベストは全然ベストじゃねーよなー」とか言ってたのはほとんど勘違いに近かったようで、実は重要な曲は概ね入っていたにも関わらず俺が全然聞いてなかっただけということだったらしい。強いて言うなら、

1. higher ground削ってdon't you worry 'bout a thingを入れる(innervisionsからもう少しコード感のある曲を入れたい)
2. latelyを削ってall I doを入れる(latelyとoverjoyedが曲調的にかぶってつまらない)
3. stay goldを削ってanother starを入れる(stay gold嫌いだから)

という感じでしょうか。個人的にはi just ~とか全く不要なんだけど商業的に考えたらmustだし、だけどそしたら○○が入れられなくなる、みたいな感じで、ヒット作の多いアーティストのベスト盤を作ることがどれだけ大変かを思い知らされます。一発屋のベストなんてシングルでもいいけど(例えばスキャットマン・ジョン虎舞竜のベスト盤を作ることを考えて欲しい)、シングルどころか一枚のCDじゃ普通に考えたら絶対に収められないStevieのベスト盤です。(ベスト盤なのに21曲も入れている異常性を感じて欲しい。) どうしても最大公約数的というか、あとから批判されないように、アルバム発売の時期を分散させ、かつ商業的に成功したものだけを採用して、うまくギリギリCD1枚に収めていこうとした苦悩が感じられていいです。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-08-21 03:19 | 音楽

blog開始のご挨拶およびタイトルの由来について

ブログを開始しました。

誰が見ているかは分からないのでとりあえずブログ名の「pastime paradise」の由来について説明しておくと、これはStevie Wonderの超超偉大なアルバム「songs in the key of life」に収録されている曲のタイトルで、およそ10年くらい前に大ヒットしたCoolio(ラッパー)の「gangsta's paradise」の元ネタとして使用されている曲です。Coolioが今どこで何をしているのかは宣教師をやっていることが判明しているMCハマーのそれ以上に謎ですが、Coolioの大ヒット曲の元ネタであるpastime paradiseは今も名曲として語り継がれています。(多分)

とりあえず飲んだ勢いでこのようなblogを開設してみたものの、今後このblogをどのように活用していくのかは全く謎です。訂正します。前の文章は「酔った時の衝動のみがblog開設の動機である」といった感じでかかれていますがこれは嘘です。前から実はblogを開設したいという気持ちをまあまあ持っていて、だけど恥ずかしいので「飲んだ勢いで開設した」という弁明を(自分に対して)してみただけです。まあそんなこんなでこれからも適当に書いていこうと思うので、どうか温かい目で見守って頂ければ幸いです。

[PR]
by pastimeparadise | 2005-08-21 01:34 | 音楽