カテゴリ:雑記( 205 )

混乱

相武紗季相沢紗世をよく間違える。(名前が微妙に似ているため)

この路線でいくと森下千里と森高千里なんかも危ないが
世代が違いすぎるおかげでなんとかセーフ。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-24 13:21 | 雑記

mixiで再会

mixiを見ていると「mixiで数年ぶりに再会」というのを
よく見かけるのですが、俺もこれを経験しました。
相手は文学部時代のドイツ語クラスの友人。

mixi内の日記を見ると彼の変化にびっくり。

学部の頃、彼はスカのバンドでプロを目指していて、
DALLAX, SKA SKA CLUB等のその道では(またはその道でなくても)
有名なバンドもよくライブをやったりしていました。(その後解散)
また、飲むといつも「とりあえず○ン○出せよ」といった感じで
他人を脱がせようとする毒舌キャラでもありました。

そんな彼も今は全く方向を変えベンチャーで起業を視野に入れて
頑張っているとのこと。全然そんなキャラじゃなかったのになぁ。
まあそれを言ってしまうと数年前には俺が経済の院に来るなど
自分も含めて誰も予想していなかったので、
他人から見れば俺もそう映ってるのかもしれないですが…。

という感じで4年という期間の長さを感じ、思わず数年前のことを
振り返ってしまいました。



そんなことより7時間後に控えた発表のレジュメを作らないと…。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-22 03:01 | 雑記

検索キーワードランキング

以下、検索キーワードランキングです(数字は検索回数)

1位 えびちゃん 妹 46
2位 蛯原友里 18
3位 えびちゃん 妹 12
4位 藤木直人 10
5位 蛯原友里 妹 写真 10
6位 蛯原友里 スッピン 9
7位 蛯原友里 スッピン 7
8位 蛯原友里 写真 6
9位 蛯原友里 弟 6
10位 えびちゃん スッピン 5


え・・・・?藤木直人
10個中9個を蛯原友里関連が占めているってのも少しショックですが
残り1つが藤木直人とは…。はぁ~~~~。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-21 21:52 | 雑記

福井

日銀福井総裁が村上ファンドへの1000万円の私的な投資によって
辞任に追い込まれつつあります。
実際、どこかのニュースよれば49%もの人が福井総裁辞任に賛成していますが、
はっきり言って「何でこんなことで辞任しなきゃいけないの?」って感じです。

こう言うと福井総裁を相当支持しているように思われそうですが、
全くそんなことはありません。
経済理論をやっている人の多くは(そのレベルを問わず)基本的に
「中央銀行のトップは経済学に関する学術的バックグラウンドを持つ人がやるべき」
という考えをもっており、その経済学徒の末端にいる俺もその考えを持っています。
(実際、アメリカFRBは学術的にも非常に優れた成果をあげているバーナンキが総裁)

よって基本的に福井総裁にはいつでもやめて欲しいと思っていますが
それとこれとは話が別です。

また、「福井総裁が責められるべき点は何もない」と思っているわけでもなく、
結果としてインサイダー取引をやらかしたファンドに対して日銀トップが
出資していたというのは、結果としては倫理上問題があった思っています。

では福井総裁は事前に村上が倫理に反する行為を行うと知っていたのか?
これは知らなかったと考えて間違いないでしょう。
彼の基本スタンスである「モノ言う株主」は特に法律を学んだ人にとっては
当然の考え方です。株主は法律上会社の所有者であるから
最終的に会社が生み出した余剰は所有者たる株主に還元されるべきである、
という考え方は、効率性の観点からは議論の余地がありますが、
少なくとも法律上のシステムを所与とすれば当然の思想ですし、
これ自体は何の倫理に反するとも思えません。

つまり考え方は法学を真剣に学んだ人の多く(または経済学徒の一部)
にとっては当然であって、その趣旨に賛同して福井総裁が出資したのも当然です。
実際俺が村上ファンドに投資しうる立場にあったら、少なくない確率で村上ファンドに
出資したと思います。
よって出資そのものを倫理の観点から批判するのは完全に的を外しています。
そもそも公益を追求する主体が村上ファンドに出資していたこと自体を批判するのなら
福井総裁だけではなく農林中央金庫なども批判されないといけないのでは?
この点でメディアの批判は整合性を欠いているように思います。

むしろ問題は倫理上の問題が生じているという情報を知りうる立場にありながら
資金を引き上げなかったこと
にあり、メディアでもある程度良識を持っている人は
この点に関して批判しています。
が、福井は法律違反を知りうる立場にあったのか??
LD・村上ファンド間でも情報漏えいには気遣っていたというのに、
福井総裁が簡単に知りえたとは全く思えません。

というわけで、福井総裁自身から見ても、村上ファンドは事後的に法律違反を
していたことが分かったに過ぎず、これを責めるという行為は正当化できません。

にも関わらず、実際には辞任に追い込まれようとしています。

このことが意味するのは「日銀総裁はファンドに投資すべきではない」ということ
ではないでしょうか?と書くと逆説的ですが、これが意味するところは、

「ちょっとでもまずいことをやるとメディアや政治家に揚げ足をとられまくって
政策運営が自由に行えなくなるため、金融政策の遂行能力に問題が生ずるため、
変なファンドには投資すべきではない」


ということであって、メディアが言うような理由ではありません。
実際アメリカでは「福井はこの事件のせいで金利を上げづらくなった」などと
報じられているようです。

まあ、どうでもいいスキャンダルで立場を追われるなんてのはどこでもある話だけど
今回のはメディアにつぶされたなぁという感じです。どうなるかな。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-19 01:09 | 雑記

ギャルサー

ドラマ「ギャルサー」

・終わってるタイトル
・藤木直人
・わけの分からない設定(カウボーイとギャルサーの交流)


などが合わさって、特にアイドルに興味のない20代男(俺含む)にとっては
全く興味の沸かないような要素というか、意地でも見たくないと思わせるような要素満載です。
というか20代男に限らずこんな設定のドラマを誰が見るのか不思議…。
ごく控えめに見積もっても10代男女の一部しか見ないと思うんだけどな。。

見る前から脱力させる要素満載のこのドラマですが、特に「わけのわからない設定」が
視聴者を突き放して止みません。
テキサスから帰国した伝説のカウボーイギャルサークルメンバー
の交流を描くドラマであるわけですが、はぁ?伝説のカウボーイ
ギャルサーとカウボーイだけで十分シュールだから!
そこに飽きたらずカウボーイのランクを「伝説」まで上げてしまう貪欲さには思わず脱帽です。

しかもなぜか藤木直人。藤木直人にカウボーイハットかぶらせただけでカウボーイかよ…。
っていうか日本人じゃん…。ここでもさらにシュール度が増してます。
中国人に日本人役をやらせるハリウッド映画とかマカロニウエスタンとは次元が違い、
むしろ大河ドラマを全員白人でリメイクするようなノリです。
このドラマはシュールを徹底的に追求しているんでしょうか?ダリみたいでかっこいいですね。

などと思いながら見てみました。15分だけ。
1時間見るのはさすがに耐えられないので見てみたわけですが、
藤木直人のセリフはカウボーイというよりむしろインディアン風
この時点で完全に脱力です。。。。
本当はとりあえず楽しもうというスタンスで1時間見た方が冷静に評価できるとは思うものの
そういうことはしないで本当に正解だったと確信しています。

1回は見てみることをお勧めします。2回以上はやめておこう。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-18 04:17 | 雑記

Freakonomicsと黒人アーティスト


札幌に旅行している間に「ヤバい経済学」(原題:Freakonomics)
を読みました。この本はタイトルが非常にナメた感じで
購買意欲を失わせますが、経済学の(若手向け)ノーベル賞と言われる
(数学で言うところのフィールズ賞である)ジョン・ベイツ・クラーク・メダルを
受賞したシカゴ大学の助教授である著者スティーヴン・レビットが、
経済学のツールを用いて

・相撲の八百長
・出会い系サイトの自己紹介
・アメリカにおける名前と所得の関係
・NYの犯罪減少の原因
・クー・クラックス・クランはなぜ怖いのか


などを分析するという面白い本です。

で、この本の6章でアメリカにおける人種・所得水準と名前の関係が
分析されているのですが、ここにはたくさんアーティストの名前が出てきます。

若干のスペルの違い(BrittenyBritteneyなど)は無視して
アーティストとかぶった名前を一部紹介してみると、

Aaliyah : 黒人にしか見られない女性の名前・4位(ちなみに10位にもAliyahというのが)
Maxwell : 白人にしか見られない男性の名前・17位(あれ?)
Maurice : 黒人にしか見られない男性の名前・14位

などがあります。Maxwellって白人の名前だったのか…。

あと注目したのはChristina。この名前は80年に生まれた
白人女の子の名前の5位
だったりします。
生まれた時期から想像するに、 Christina AguileraChristina Ricci
結構ベタベタな名前だったんですね~。アギレラの方は年齢知らないけど。。。

かなり面白い本なのでお金に余裕のある方は是非読んでみて下さい。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-15 21:56 | 雑記

Stevieの母死去

http://www.soulsearchin.com/soul-diary/little_diary.cgiによると、
Stevieの母であるルーラが亡くなったらしい。

一部を上のリンクから抜粋させてもらうと、こんなことが書かれています。

ルーラは1930年1月11日アラバマ州に小作人の子供として誕生。しかし、ルーラの幼少時はひじょうに悲惨で、貧困と飢えと暴力に苦しんだ。家から家、親戚のところをたらいまわしにされていた。その後、15歳の時に父親とインディアナ州に移り、学校は行かず工場で働き始めた。まもなく年配の男性カルヴィン・ジャドキンスと結婚。この男性はあまり働かず、ルーラに生活費を稼ぐために売春をするよう命じていたという。20歳になるまでに3人の息子を産んだ。その子供たちが、カルヴィン、ミルトン、スティーヴランドらで、スティーヴランドのフルネームは、スティーヴランド・モーリス・ジャドキンス・ハーダウェイ。世界的にはスティーヴィー・ワンダーとして知られる。ルーラは3番目の子供が盲目で生まれてきたのは、自分がしてきたこと(売春)への神様の罰だと考えるようになっていた、といわれる。そういう事情もあり、スティーヴィー本人は、名前にジャドキンス姓をつけたがらない、という。

ていうか、どっかのサイトで見たStevieの本名には「ハーダウェイ」は入ってなかったぞ!
結構長い名前だなぁ…。

それにしても、Stevieの生い立ちがそこまで恵まれているとは最初から思っていなかったにせよ
予想以上に(平均的な日本人に比べて)悪い環境に生まれたのだなあ。
音楽がなかったらどうなっていたんだろう。

冥福をお祈りします。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-15 01:35 | 雑記

ようやく寝れる。。。

学部生向けの宿題の修正原稿を作っていたため、この時間まで寝れませんでした。
いやぁ、はっきり言って疲れる。あまりに面倒な作業であるにも関わらず
全く手を抜くことができないので、問題の設定を音楽ネタにしてみたりして
強引に(自分の中での)エンターテイメントを作り出してみました。

経済学の概念は案外身近に潜んでるものだから、そういうのを感じて欲しいなぁという意図
も込めて比較的卑近な例を持ち出してみたのですが、正直あまりうまくいってないなぁ。。。

Alicia, Bootsy, Curtisの3人(この3人を選んだのは、ABC順にしたかっただけ)に
どのようにピアノ、ギター、ベースの3つの楽器を与えると効率的か?
という問題なんですが、そもそも楽器を与えなきゃいけない状況って何なんだ!
って話だし。リアリティないんだよなぁ。
他にも「Curtis生きてないし」とか「AliciaとBootsyが一緒にやるわけないだろ
なんてことも言われかねない。といっても相手は普通の学部生なので、
こんな細かいツッコミをされることはまずないでしょう。
だけど最初に書いた問題はやはり致命的で、もう少し実感を伴う状況にしたかったなぁ。
無理に音楽ネタにしようとしたからダメなんだろうか。もう遅いんだけどね。。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-13 05:11 | 雑記

W杯

何だかんだでW杯は見てしまいます。というわけで対オーストラリア戦を見たのですが、
サッカーそのものの感想はいいや。。。。

かなり気分的には萎えたのですが、その後現れたジーコの通訳に爆笑。
ああいう自分の意見を言ってるようにしか聞こえない通訳は面白いなぁ。
実際ジーコが言ってないことも言ってるだろうけど。。。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-13 00:25 | 雑記

近況

1. 様々な臨時収入
色々とあり、新品のPC(dell)と18万円前後の臨時収入を得ました!
特にPCは助かった~。今のPCは購入して4年ですが扱い方が悪かったこともあり
もはやボロボロの状態だったので、PCをゲットできたのは本当に大助かり。

また、臨時収入に加えて奨学金が通ったこともあり、留学の金銭面での準備が
着々と進んでいってます。一応の目標は9月までに180万を超えることですが、
これは何とかクリアできそうな予感…(というか超えてもらわないと困る)。
でも英語の方はヤバイ。。。TOEFLも233から進歩ないし・・・。


2. 留学飲み
博士課程に進学した11人のうち5人が留学して去ってしまうので
彼らの壮行会を行いました。
留学しすぎ!って感じですが、最近はこの留学率が平均的になっています。
国内に残るのは概ね

・留学するメリットがあまりない分野を専攻している
・早く就職したい(留学すると通常2年はジョブマーケットに出るのが遅れます)
・アメリカでの生活そのものに苦労しそう

といった事情によるものが多く、逆に言えば上に挙げたような問題がない人は
留学してしまいます。これはなぜかというと、留学(特にアメリカへの留学)は、

・アメリカは経済学の最先端
・アメリカの大学院は金銭サポートがしっかりしている(日本と違ってそれなりの成果さえ
出せば学費免除+生活費が支給されることが多い)ので、毎年金の目処を考えることなく
研究ができる(国内でも一応可能ですが、条件はあまりよくない)
・アメリカの大学での(アカデミックな)ジョブを得やすい。
経済学ではアメリカでジョブを得たという事実そのものが
その後の(アカデミズムの)キャリアパスにプラスに影響する(らしい)ので、
アメリカでのジョブが得やすい環境にいることも重要

といったメリットがあるからです。俺の場合は2番目の理由が一番大きいわけですが、
あとはこれに加えてアメリカでPhDをとれば国内でも民間就職しやすいというのも
理由にあります。

俺の場合ははっきり言って俗っぽい理由で留学を考えているわけですが、
アメリカの大学院は俗っぽい動機の人にも「アメリカ行きたい」と思わせるような
経営をやっているわけです。ここらへんが大学院間でも激しい競争のあるアメリカと、
それがあまりない日本との差で、結果として各国の優秀層を集めることに成功しています。
(一方で俺みたいなのも寄っていってしまうわけですが笑)

ただ、アメリカは学生間でも日本より競争が激しいので、
学校によっては学生の1/3が大学からキックアウト(強制退学)されます。
そんな激しい環境に行く5人の友人たちには是非頑張って欲しいなぁと思います。

ちなみにこの日の翌日は2日酔い。。。。

3. in the grooveでの飲み
2に書いた飲み会の翌日、二日酔いのまま大森で飲んできました。
K君が久々にここに現れるというので俺も顔を出しにいったという感じです。
そこに登場したのは弱冠22歳の(といっても3歳差)
ミュージシャンの卵であるT君。彼がお店でCarole Kingのyou've got a friendを
弾き語ってくれたのですが、これが結構いい感じ。
絶賛するほどにすごいとわけではないですが、情感が伝わってくるんだよなぁ。
特にバラードな曲をコピーするときは情感が曲の本質といっても過言じゃないと
思っているのですが、彼は荒削りなりにその情感をもった演奏をしてくれて、
そこに感動しました。

彼にもこれからも頑張って欲しいなぁとつくづく思いました。
っていうか俺自身がやらなきゃいけないんですが。。。

で、この日は朝5時半くらいまで飲んだあとに朝帰りしたのですが、
大森から電車にのって寝ておきたら港南台(最寄り駅を2つオーバー)で、
港南台で電車を待っているうちに30分ほど寝てしまいさらに時間を無駄にし、
さらに港南台から電車にのったら山手(最寄り駅を3つオーバー)で
ようやく最寄り駅に到着したので、本来1時間で帰れるところが2時間以上かかって
しまいました。恥ずかしい。。。

そしてこの日も二日酔い。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-06-12 03:07 | 雑記