カテゴリ:雑記( 205 )

ジミー大西

ジミーさんの偽絵画販売 12枚押収「模写しやすい」

偽絵画を作られるなんて…ジミー大西も随分立派になったなぁ。
片岡鶴太郎の作品の贋作が作られるようになるのはいつでしょうか?
[PR]
by pastimeparadise | 2006-05-22 22:08 | 雑記

GW

2日から昨日まで全て飲んでいた。
今日は二日酔いのため何も作業できず。

というわけでGWはほとんど酒に埋め尽くされ
いい天気とは全く無関係に過ごしましたとさ。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-05-08 01:41 | 雑記

飲み会

昨日は院生+この春から社会人になった人の飲み会でした。
社会人は2人で、1人は官僚、もう1人は中央銀行マン。
官僚は終電で帰る毎日である一方で中銀マンは院生と殆ど変わらない生活(つまり楽)
を送っているということを知り、官僚は褒められ中銀マンは叩かれていました。

ちなみに中銀マンは研修で使用済み紙幣が処分されるところを見学したらしいのですが、
自分の年収分の紙幣が一瞬にして細切れの紙になるところを見ると
人生の空しさみたいなものを感じるようです。うーん、見てみたい。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-05-04 11:43 | 雑記

進歩ねえ

昨日のTOEFL

L 17
W/S 12-29
R 27
Total 187-243

リスニング全く伸びず。
ライティング4.5を仮定すれば233なのでスコア僅かに上昇かな?
[PR]
by pastimeparadise | 2006-05-03 11:39 | 雑記

飲食

重慶飯店新館(横浜中華街・ローズホテル内)
中華街にある四川料理の店の中では割と有名なお店。
6,300円のコースで内容は

四種冷菜の盛り合わせ
ホタテとイカの塩味炒め
牛肉の辛子味噌炒め
蟹爪の揚げ物
エノキ茸入りフカヒレスープ
皮むき大正海老のチリソース
旬の青菜のXO醤炒め
豚肉とザーサイ入りチャーハン
イチゴとタピオカ入りココナッツミルク

9品も出てきて盛り沢山。
先月の聘珍楼は8,400円コースでデザート込み6品だったので
この差は大きい。うーん。

値段どおり、華のない料理が大半を占めるけど全体的に美味しい。
少なくとも分量と値段考えれば十分納得いく。
中華街にはいくつか重慶飯店があって、本館・別館にも行ったことがあるのですが
どこいってもとりあえずコストパフォーマンスはいいんじゃないかと思います。
辛いものが苦手じゃなければお勧め。


椿屋珈琲店(銀座)
普通の珈琲が840円、ケーキ付セットだと1,240円~という不思議プライスのお店。
前にネットで見たことがあったのですが、銀座を歩いてたらたまたまあったのでそのまま入店。
モンブランとアイスコーヒーのセットを頼んだのですがモンブランはうまかった。
アイスコーヒーはスタバと大差ないような気が…。
ですが連れが飲んでいたダージリンティーを飲ませてもらったらかなり美味しい。
こういう店に行くときはアイスコーヒー(orアイスティー)を頼むと違いが分からなくなちゃうから
頼まない方がいいなあと実感しました。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-29 23:39 | 雑記

言ってしまった…

大仁田さんらに78万円賠償命令

 判決によると、渡辺さんは平成十五年四月、大仁田さんらとのタッグマッチを開催。試合終了後、大仁田さんに対し、事前の打ち合わせのない場外乱闘を挑もうとした渡辺さんを、大仁田さんのセコンドを務めていた中牧秘書が押し倒して顔面をけった。
 野村裁判官は試合の勝ち負けなどについて「事前の取り決めがあった」と認定し、「プロレスでは、打ち合わせなしに相手を攻撃するのは許されないこと」と指摘した。


誰もが知ってることではあるものの…ついに言ってしまったね、という感じです。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-29 23:21 | 雑記

遊び呆けていた

水曜日から金曜日まではずっと遊び呆けていました。
昨日夜の帰宅後、提出するはずだった翻訳のファイルを見てみると何かおかしい、
と思って確認してみると、前回やった部分を保存してなかったらしい。
9ページ(約5時間分)をもう一度やり直さなければならず、
楽しい気分から一気に現実に引き戻されたのでありました。

無理矢理昨日中に終わらせたのでどうにかなりました。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-29 11:28 | 雑記

村上隆

村上隆氏とナルミヤが和解したらしい。

大手子供服メーカー「ナルミヤ・インターナショナル」のキャラ「マウス君」が
村上隆のキャラである「DOB君」と類似していたので村上隆が著作権侵害で
訴えたとのこと。

実際に両者のキャラクターがここのサイトに載っているのですが、
うーん、確かに似ている。
だけどそもそもどっちもミッキーに似てるよね…と思わずにはいられない。

和解時に村上隆は
これらのキャラクターは、キャラクターであると共にアート作品です。日本ではアートの社会的評価や理解度は低いままです。功利主義で、文化発展への尊敬の念乏しき,文化の民意が著しく低い国。それが日本です。
しかし,こうした現状に甘んじるのではなく、オリジナルアートの価値を社会に認識してもらうことが重要です。

と言ってるけど本当にオリジナルと言えるのかな??

村上隆の作品の多くがここに載っている
のですが、特に有名なのがヴィトンとのコラボ(上)と
3000万円くらいで取引されたフィギュア(下)。
ヴィトンのコラボについては何ともいえないけど、
下のはポップアートの名を借りた秋葉系キャラ
としか思えないんだけど…。
こういうキャラ設定の作品は多いようで、
「日本の萌え文化を欧米圏に持ち込んでるだけ」
といった批判も結構あるようです。

確かに20年前にこれを作っていたのなら
オリジナリティを強く主張するのも頷けたが
これだけ秋葉の世界が認知された中で
「秋葉系キャラ」と表現されて(できて)しまうのは、
彼の作品に大したオリジナリティがないだけのように
思います。

アンディ・ウォーホルはよくわからないけど
バスキアやキース・へリングはもっと
オリジナリティを感じたような…。
まあ、門外漢なんでよくわからんけど。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-26 10:13 | 雑記

有名なネタ

先日、孫がビデオを見ているととんでもない言葉に耳を疑いました「オッス オラ 極右」主人公は異性人との紛争を暴力によって解決しようとするものでとても、子どもには見せられる内容ではありません。また主人公がピンチになると金髪で青い目に変身します。(元々の主人公は黒髪で黒い目をしています)時代遅れの脱亜入欧的表現に笑ってしまいましたが、こういう所から同じアジアの同胞への差別が始まるのかと思うと薄ら寒い気がします。そして、最後の必殺技は、全ての人々から元気を少しかけてもらい巨大なエネルギーにするというものなのですが、その表現が更に恐ろしい全ての人々が両手を天に上げる、そう万歳なのです。万歳をした人から力を奪い取り、敵を撃つという図式は戦中の構図そのものでその衝撃にへたりこんでしまいました。このようの番組を見て育つ子供の将来が非常に心配です。この国はいったい何処に進んでいくのでしょうか。

[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-24 23:15 | 雑記

どうでもいいこと

1. 内輪ノリ
下のエントリの続き。
最近、バラエティー番組でスタッフの笑い声がやたらと入ってくるようになった気がします。
記憶をさかのぼってみると「とんねるずの皆さんのおかげです」くらいしか
スタッフの笑い声がでかでかと入ってた印象がないんですが、
最近のバラエティーは半ば意図的にスタッフの笑い声入れてるような?
前から入ってたけど気付いてなかったのかも?

どちらにしても、別に面白くもない場面でスタッフの(大きな)笑い声が
入ってるのはまさに内輪ノリって感じでかなり微妙。


2. 矢田亜希子
最近矢田亜希子を見かけない。
押尾とハワイに行って帰国したとき(矢田が空港の柱にぶつかったとき)以来
見かけないんですが、押尾効果で消えた??

だとしたら押尾の力ってマジですごいなぁ。下げる力限定ですが。
俺自身、押尾との交際報道を見て「矢田亜希子も落ちたなあ」と思ったし
多くの人が同じことを考えれば当然商品価値は落ちるわけで、
付き合ってる相手(いわば他人)で自分自身の商品価値が極端に変化する芸能界って
大変なところですね。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-04-23 03:59 | 雑記