<   2005年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Stevieトリビア

Stevieは中島みゆきのアルバムにハーモニカで参加したことがある。

そして、日本人アーティストのアルバムの中でStevieが参加しているのは
中島みゆきのものだけである。(下のサイトを見る限りは)

http://www2c.airnet.ne.jp/stevie/genius%20shares.html
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-30 22:05 | 音楽

英語

某アメリカの大学の先生がやってきてアメリカの大学の博士課程での生活や
キャリアについて語ってくれるという素晴らしい企画があったので
行ってきました。

当然内容は英語。
最初はアメリカでの生活などについての軽い説明など。

先生「○×▲※■?!」
一同(俺以外)笑う。

周りを見て俺もとりあえず笑っておく。(タイムラグ0.3秒)
いかに「周りの人に合わせて笑ってるんじゃない」というアピールをしつつ
周りの人に合わせて笑うか、ということを必死で考えていました。

次に個別に記入した用紙を元に一種の面談らしきものが始まる。
他の人はかなり流暢にコミュニケーションをとっている。
全く自信はなかったものの、実際やってみればどうにかなるだろうと思い
リラックスして待つが徐々に緊張してくる。手には脂汗。そして俺の番。

先生「×▲□●%&?」
俺「うーん・・・・・pardon ?」
先生「▲×●◎#△?」
俺「あー、yes」(分からないときはとりあえずyes)

先生「×◎△■, game theoretic approach ?」
俺「えーー、、、yes, game theoretic one.」(とりあえず返答)
先生「what ?」(回答が質問とあってなかったらしい)
俺「・・・・・・」

結局10分以上の会話の中でyes, right,
pardon, game theoretic one, just one, five
という6つの言葉しか使っていなかった。

そして全体のうち10~20%程度しか内容を把握できなかった。

危機感を抱きました。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-30 21:55 | econ

the wonder of stevie



事前の評価としては一番よくなかったこのCDですが、実際に聞いてみたら一昨日買った一番CDのなかで一番よかったのがこれでした。前にも書いたようにこのCDは「Stevieが作ったけどStevie自身が歌ってないもの」を集めたもので、2枚組みの片方はDJ Spinnaが上手にミックスさせたものです。

<よかった曲>
●Spring High (Ramsey Lewis)
ダントツでよかったのがこの曲。Ramsey Lewis自身の
Love Notes」というアルバムに入っているらしいのですが、
割と軽めのノリノリなリズムがベースになっていて、
それにStevieらしいメロディーラインがピアノで乗っけられてて、
とにかく爽やかな気分の曲。でもノリノリ。今日はこの曲だけを
ひたすら聞いてた気がします。
でもこのLove Notesがamazonだと在庫切れになってんだよなぁ。
ヤフオクでもLPしかなかったしどうしようか思案中。

●Where Were You When I Need You (Lionel Hampton)
長いタイトルですが、要するに「Superwoman」です。
カバーによく使われるSuperwomanの中盤以降のメロディーを
Lionel Hamptonがビブラフォンで演奏してるやつです。
別にLionel Hamptonがやってるからといってジャズアレンジが
施されているかというと全然そんな感じじゃなくて、多少ソフトな
ファンク
といった趣きになっています。もう少しジャズ色出しても面白い
かな、とは思ったけどかなり聞きやすくて感動。

あとは
・Golden Lady (Jose Feliciano)
・Pastime Paradise (Ray Barretto)
などもよかったです。

<悪かった曲>
●Superstition (Sergio Mendes and Brazil '77)
買う前は一番楽しみだったセルジオメンデスが実際に聞いてみれば
最悪だったという結果に。このアレンジはどう説明していいのか
分からないんですが、かなり音のゆがんだギターが入って
全然ノリノリじゃない中にいつものメロディーが入った感じ。
この曲って完全にノリが肝になってると思うのにそのノリが
全然ないので聞いてて悲しくなってきました。っていうかむかついた

結論としては、予想に反してDJ Spinnaのミックスもすごくリミックスと
選曲がとてもよかったから曲が1枚目と2枚目で完全にかぶるにしても
全然損した気分にならないようなアルバムでした。


以前、ピチカートファイブ小西康陽監修のJackson Fiveリミックス集を聞いて以来、「Remix」という言葉には恐怖を感じていたのだけど、その恐怖が若干取り払われた感じでよかったです。それにしても小西のやつは本当に最低で、Jackson Fiveだけじゃなくmotownをバカにしてんのかって感じでしたが当時の怒りを思い出しそうなのでこれ以上はやめておきます。メンバーはスカパラ、藤原ヒロシ、DJ Spinnaあたりだし悪くないはずなんだけど、どこで失敗したんだろう。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-29 02:48 | 音楽

Stevie Digger

友人と行った横浜のdiscwaveとrecofanで相も変わらず
Stevie関連のCDを探してきました。
今回仕入れることができたのは、

1.with a song in my heart
2.down to the earth
3.someday at christmas
4.the wonder of stevie

1~3はStevieが14, 16, 17歳のときのアルバム。
同じく10代で出したmy cherie amourなどよりも先の作品です。
4は先日の日記で買うと宣言した、Stevieが曲を提供した人の曲を
集めたっぽいアルバムです。

感想などはまた後日。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-26 23:05 | 音楽

ラーメンツアー

高校時代からの友人U君とラーメンツアー(蒲田編)に行く。
ちなみに先月はラーメンツアー(品川編)に行きました。

今回行った店は、友人が「割と評判がいい」と薦める

・べらんめえ(背脂の入った醤油ラーメン)
・和鉄(魚系の出汁の醤油ラーメン)
・上弦の月(魚系)

の3店で、3時間で3杯食べました。
俺と友人の感想は完全に一致し、「和鉄以外はまずかった」。

それから横浜に戻り、友達と中古CDをあさって今に至る。

今日はラーメン以外何も食べませんでした
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-26 22:43 | 雑記

疑問の残る邦題

Stevieに限らずCDは基本的に輸入盤で買うため邦題が分からないことが多い。
そこで、Stevieの過去の主な曲のうち、

○独自のタイトルがついている
○自分の中では名曲

に該当する曲の邦題を調べてみました。
「可愛いアイシャ」「迷信」は誰でも知ってるのでそれ以外で。

<innervisions>
・living for the city→「汚れた街」
・don't you worry 'bout a thing→「くよくよするなよ

<key of life>
・I wish→「回想」
・pastime paradise→「楽園の彼方へ」
・as→「永遠の誓い」

<fullfillingness' first finale>
・smile please→「やさしく笑って」

<hotter than july>
・all I do→「キャンドルにともした恋

<secret life of planets>
・send one your love→「愛を贈れば」


「くよくよするなよ」って・・・・。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-26 02:14 | 音楽

funk学研究科Stevie専攻:必修講義「Stevieの歴史」その1(トリビア)

若干追記しました。(初投稿9/24、再投稿9/25)
黒字下線部が追記した箇所。

Stevieに関するトリビア(1960年代まで)
・Stevie Wonderの本名はSteveland Morris Judkins
11歳でmotownと契約する
Smokey Robinson率いるmiraclesのメンバーに見初められ
motownに連れて行かれ、Berry Gordyの前で歌を披露してその場で
契約に至ったとのこと
。)
12歳でRay Charlesに捧げるアルバムを作成
13歳でアルバムデビュー
13歳で出したfingertipsがミリオンヒット
・成人するまでの間に13枚のアルバムを出す
(この中にはuptight(15-6歳)やfor once in my life(18歳)、my cherie amour(19歳)も含まれる)

ちなみに上記の内容の多くは他のファンサイトおよびmotownに
関する書籍を引用もしくはそこに記載されているデータを集計したものなので、
一次的な情報ではないことにご注意下さい。

※訂正 成人するまでに出していたアルバムは13枚ではなく14枚でした。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-25 01:40 | 音楽

奇遇

家庭教師のあと生徒のS君と一緒に某ソウルバーに飲み行くと、
院の友人K君がしばらくしてやってきました。
ここまでは想定内。
で、飲み終わったあとかなり酔った状態で電車に乗っていたら
サークル時代の友人S君と京浜東北線の中でばったり遭遇。
彼も銀座のソウルバーで飲んでいたとのこと。

いろんな方面の知人に会う一日でした。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-25 01:28 | 雑記

ドラゴン桜

ドラマの影響力を知るメールが家庭教師センターから届く。
以下は家庭教師募集メールの一部を抜粋したものです(適宜修正)。

〔学年性別〕社会人(3×歳) 男性
〔曜日時間〕週3~4回 2時間 
〔指導科目〕全科目
〔応募条件〕1年以上指導実績がある方
〔報酬〕  時給 3300円(+交通費支給)
〔生徒現状〕1年半後の大学受験を考えています。全科目ほとんど知識があり
      ません
ので、基礎からしっかりと指導していただきたいと思いま
      す。
〔生徒目標〕東京大学法学部

すごいなぁ・・・ドラマの力って。
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-23 20:10 | 雑記

タイトル変化の流れ

1.pastime paradise (好きな曲だから)
2.the phantom of the funk (オペラ座の怪人にインスパイアされて)
3.funkanomics or funkology (メイシオにインスパイアされて)
4.Enter the funkagroove (Enter the dragon(燃えよドラゴン)にインスパイアされて)
[PR]
by pastimeparadise | 2005-09-22 17:24 | 雑記