<   2006年 03月 ( 45 )   > この月の画像一覧

地下鉄で見た光景

昨日21時頃みなとみらい線に乗っていたときの光景

・電車内で電話中のギャル、電車が地下に潜ったため携帯が圏外になる
携帯を振り始める(携帯を振れば電波が入るようになるという都市伝説)
・携帯を勢いよく振り始める(続・都市伝説)
・しかし相変わらず電波は入らない
車両を移動(全ての車両が地下に潜ってるのに・・・)
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-31 03:07 | 雑記

小記事群

1. リンクをはった
俺のブログに興味深いコメントをしてくれた方のブログSweet Honey Booをリンクさせて頂きました。
リンクは画面右側の中ほどにあります。
主に90年代以降のsoul, R&Bについての感想を書いているblogなんですが、
厳しすぎず甘すぎずなコメントのおかげでCDを買う際のいい参考になります。


2. 共著で論文書くことになった
論文の共著は音楽の世界でいえば

xxxx with zzzz(例:H jungle with T)
xxxx feat. zzzz(例:Stevie Wonder feat. Aisha Morris)
xxxx and zzzz(例:Diana and Marvin)

みたいな感じです。どういうことかというとそこに至るまでの過程がかなりいい加減
共著決定までの流れは

「こういうネタ面白くない?」
「いいね、この路線でやってみようか」
「レッツゴー」


といった感じ。
院の先輩に共著を勧められていて俺自身それを考えていたのですが、
ちょうどいいタイミングで話が来たという感じです。
ネタはCSR(Coporate Social Responsibility)なので俺の専門とのフィット感もあり。
博士課程でやるべきことをまだ十分に決めていなかったので今後の方針を考える上でも
いいタイミングでした。話を持ってきてくれたK君に感謝。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-31 02:52 | 雑記

TOEFLおよび留学準備

1. TOEFL受験
朝っぱらからTOEFLを受験。結果は

Listening 16
Structure/Writing 12-29
Reading 27

ということで合計は183-240の範囲。実際は210から220の間に収まるでしょう。
リスニングで点が稼げないことが明らかなだけにリーディングの27は痛いところ。

あまりの音質の悪さにびっくり。市販のCDの音質を下げまくらないと
本番の音にはならないですね…。


2. 数学
TOEFLが12時頃に終わり髪を切ろうと当日にいきなり予約してみたが
17時からじゃないとダメとのことなので5時間の暇つぶし。
論文などを読むが昨日は3時間半くらいしか寝てないので頭に入らず、
しょうがないので漫画喫茶に行く。

そこで漫画を読んだり懐かしのゲームをやったりしていたが飽きたので
志望校として検討しているいくつかの学校の入学条件について調べてみた。
特に俺が気になっていたのは数学の履修に関するrequirementだったので
そこを重点的に調べると、多くの大学が「calculus(解析)などを履修していることが望ましい」
といった曖昧な書き方しかしていないのに対してWisconsin(UW)はかなり具体的。

<Wisconsinに入るために最低限取得しておかなければいけないもの>
・Calculusを3セメスター分
・Linear Algebra(線型代数)を1セメスター分
・Statistics(統計学)を1セメスター分

<俺が取ってる単位>
・Caluculusを1セメスター分
・Set Theory(集合論)を1セメスター分

というわけで全然ダメ。しかも「絶対とってなきゃダメだよ」ということだったので、
俺が暗に考えていた「単位揃えられなくても数理経済の先生に推薦状もらえば大丈夫」
という逃げの作戦も完全に封じられていることになる。
元々効果のなさそうな作戦だったんですけどね…。

このUWの基準は同ランクの大学院でも一般に用いられていると考えるべきなので、
(ニューヨーク大学(NYU))も似たようなことを書いていたから)
今学期中にあと4つ数学の単位を取り、かつ全部Aじゃないといけないことが確定。
しかもこれらはあくまで最低限に過ぎずNYUのサイトによれば
確率論などもしっかり単位をとっておくことが望ましいらしい。

学部から経済やってれば、と思ったことはあまりないのだけど、
このときばかりは数学科目が一切ない学部にいたことを軽く後悔。
学部の授業はそもそもアラビア数字を使わなかったからな…。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-30 00:45 | 留学準備

解散

ライブドア担当した港陽監査法人、今年6月末で解散

俺はここの会計士(だったはず)と4年くらい前に話したことがあります。
大学から東横線に乗って帰っていたある日のこと、
当時会計士の勉強をしていた俺はテキストを座って読んでいました。
すると隣に座っていた30代男性がやたらと俺の方をチラリチラリと見てくるので、
「気味悪いな」と思いつつ無視してテキストを読んでいたのですが、
その男性がいきなり


会計士受験生の方ですか?


と話しかけてきました。会計士試験のテキストであることは分からないようにして
読んでいたので「なんでこの人は分かるんだ????」と思いつつ
「あ、そうですけど」と答えると、


昔受験生だった者です


との返事が。
試験に合格しても会計士にはならないと既に決めていた時期ではあったものの
やはり合格して実務に関わっている人は輝いている、というわけで田園調布~菊名間は
ずっとその人の(受験時代の)思い出話を聞いたり、当時の主要なトピックだった
商法改正について話したりもしていました。
いよいよ彼の最寄り駅に到着しそうなので名刺をもらったのですが、
そこには港陽監査法人の名前が。

お互い「頑張って下さい」と言って別れたのですが、
その監査法人は米企業エンロンを監査したアーサー・アンダーセンと
同じように解散の運命に。

彼がライブドアの監査を受け持ったのかは分かりませんが、
彼自身は進んで不正に加担するような人間には思えませんでした。
それでも監査法人は(建前はどうであろうと)私企業なのでクライアントとの
契約維持のためには不正を見逃すといったことは頻繁にあるでしょう。
つまり会計士全員が善人だったとしても、被監査企業はお客様なので
会計士が不正に積極的に加担せずとも社会の期待に応える水準の監査を
しっかり行うことは構造上不可能に近いわけです。
この「構造」は一般に「泥棒(被監査企業)が警察(監査法人)を雇う」と言われるものです。
このように、監査法人による監査には構造上の致命的欠陥があるため
チリのような粉飾(または創造的会計と呼ばれるような会計テクニック)は見逃され、
チリが積もって山となった企業の会計情報の精度はかなり信頼性が低下していると
考えられるので、それらを見る場合にはある程度疑って見るのが正しい見方です。
(とはいっても企業間比較・期間比較には十分使えると思います)

それにしても、彼は沈む船から(沈む前に)うまく脱出できたのでしょうか?
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-29 00:09 | 雑記

さらにカテゴリ追加

経済関係の文章なんて殆ど書いてないですが、カテゴリ上、
econ(経済学)と留学準備は一応分けることにしました。

UC San DiegoはGREの要求水準が高い」との話を聞く。
GREはアメリカのセンター試験のようなもので数学(math)・語彙(verbal)・
小論文(analytical writing)があるのですが、このverbalは日本人にとっては鬼門。
というのも、日本語で言うところの「魑魅魍魎」のような単語がバシバシ出てきます。
なので日本人のスコアは通常800点中300点台であることが通常です。
それでもアメリカの大半の大学はverbalのスコアなど気にしないということが
知られていたのですが、UCSDに限ってはそれなりに重視する模様。

実際にUCSDのadmissionに関するサイトを見てみたら、
「全科目上位20%以内には入れよ」とのこと。
verbalで上位20%と言えば500点くらいは必要だと思われますが、
そのために「セミの抜け殻」みたいな単語を覚えるのは相当ダルイ…。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-28 04:04 | 留学準備

雑記

1. 紹興酒カクテル
今日は院の友人2人と中華を食べにいきました。
8400円のコースだったのですが、美味しい料理に限って分量が少なかったのが残念。
味的には値段相応といった感じなので、分量さえあれば満足だったという感じ。

食前酒に紹興酒をジンジャーエールで割ったカクテルを飲んだのですが、
これがめっちゃうまい。紹興酒が少し濃い目の紅茶のような味になっていて最高。
今度家で作ってみようと思います。

最近日銀が量的緩和の解除を発表するという重大ニュースがあったこともあり、
珍しく(マクロ)経済の話をしたりする。(といっても俺は殆ど聞いていただけですが)

1人の話によれば日銀の量的緩和は長期金利を下げたものの
それによって民間投資は増加したことは実証的には認められないとのこと。
また、別の1人によれば民間投資は金利には感応的ではなく、
むしろその期の売上高に感応的だったとのこと。
(注:不況時における日銀の政策(金融政策)の目的の一つは市場金利を低下
させることによる民間投資の押上げです)
要するに日銀の量的緩和って意味なかったんじゃないの?って話です。
よく聞く話ではありますが、結局日銀ってどうだったんでしょう。
ミクロ専攻の俺にはイマイチよく分からない話です。
とは言え企業関係のことやってるからこの話は分かってないとダメなんですが…。

2. ローマ人の物語
2週間くらい前に購入し読む気マンマンだったのですがまともに読み始めたのは今日から。
ローマ人すごい!

ローマ建国(ロムルス)→まずは地盤固めようぜ(ヌマ)→そろそろ拡大しようか(トゥルス)
→拡大しつつ地盤も大事に(アンクス)→他国の技術を取り入れた方がいいよ(タルクィニウス)
→戦術もしっかり考えないとね(セルヴィウス)

という各々の王の100年以上に及ぶリレーによるローマの発展は物凄い。
これが中国だと

王朝誕生→適当に統治×6代→暴君or愚王の登場(弱体化)→the end(次の王朝へ)

という感じなので(殆どの王朝がこんな感じだったような)、この差はすごいと思いました。
この差には色々な理由があると思いますが、ローマが禅譲
中国が世襲だったというのが一番の大きな原因だと思う。
誰でもそう思うかな??
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-28 02:16 | 雑記

Milesかっこいい


Milesに関しては、今まではkind of blueみたいな
ベタな録音しか聞いてなかったのですが、先日K君に
電脳系マイルスのアルバムdark magusを借りたので
聞いてみました。
いやー、全体的に暴れまくりの雰囲気。
俺が今まで聞いたものの中で一番近いのは何かといわれたら
多分EWFのPowerかな??
powerの、gratitudeでのテンションを徹底的に
煮詰めたような音。(と思ったら1曲目だけでした。)

その分トランペット奏者としてのMilesの存在感というか
ミュートを使ったときの儚く美しいといった感じの音は消えてますが、
この熱狂は十分に楽しめるんじゃないでしょうか?
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-28 00:43 | 音楽

listening

そういえば先日大学院の友人にTOEFLのlisteningが14点であったことを言うと、


じゃあ、全然聞き取れてないってことだよね


と言われた。30点中14点なので「全然ってことはないだろ」と思ったりもしたが
よくよく考えてみれば全然聞き取れてないというのと殆ど何も変わりません。

TOEFLの問題は概ね4択問題であり確率的には8点くらい取れて当たり前。
(TOEFL(CBT)の採点方法はややこしいのですがここでは無視)
14-8=6点が俺の実力でとった点であるとも言えますが
確信をもって答えた問題などほとんどない。

TOEFLのlistening問題でよく使われるのがsuggestionと呼ばれるタイプの出題で、
日本語で書くと


会話:
A「来週土曜日に公園でジャズバンドのライブがあるんだけどいかない?」
B「いいねえ。だけど土曜はフラタニティの集まりがあるんだよね」

問題:「Bは結局何が言いたいのでしょう?」

選択:
1. Bはジャズが嫌い
2. Bはライブに行く
3. Bは入院している
4. Bはライブに行かない


という感じです。要するに、直接Bはいけないともなんとも言ってないのだけど、
文脈から何が言いたいのか判断しろ、という問題。
しかしこんな問題は全体が聞き取れなくても
Bが「It sounds good! But ~」と言ったことさえ聞き取れれば
何の話をしているのかは分からなくても「したいけどできない」状況が
Bに発生していることは簡単に推測できます。
さらに言ってしまえば「~ good. But ~」の部分だけ聞き取れれば十分推測可能。
つまり全文章の中の2単語さえ聞き取れれば正解に到達できてしまうという問題が…。

ですので俺はこういう問題でジャズの話をしていたことすら知らないまま4を選択し、
得点ゲットなんてこともあったりします。
現時点での14点という得点は、いわばこういう点の取り方しかしてませんよという証なので
言い換えれば俺は殆ど何も聞き取れてないということです。
しかしTOEFLは一筋縄ではいかない問題も結構あるので(ネイティブでも満点は取れない)、
まずは聞き取れないことには勝負にならない。

というわけで今日も

A「ジョージ、昨日の生物学の授業出た?教授が何言ってるか全然分からなかったから教えてくれない?」
B「いいよ、メアリー。だけど僕もあんまり分かってないんだ!」

といった他人のどうでもいい(英)会話を聞くのでありました。
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-27 01:18 | 雑記

StevieとElla


昨日見せてもらったStevieの映像の中で、
グラミーか何かを受賞したStevieのために他の
アーティストたちがYou Are The Sunshine Of My Life
を歌うというものがありました。
70年代の映像だったかな?
(Nelly、Brian McKnight、Musiqなどが歌ってる
最近のものとは全然別の映像)

参加アーティストにはDiana Rossなどがいたと思うのですが、
めっちゃ驚いたのがElla Fitzgeraldがその中にいたこと。
そしてYou Are The Sunshine Of My Lifeを歌うElla
まさかこんな絡みがあるとは…。


うおー!! EllaがStevieの曲歌ってる!!!!!!


と一人叫んでいました。(心の中で
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-26 23:44 | 音楽

嬢王

ビジネスジャンプ連載の「嬢王」は「夜王」のようなホスト漫画のキャバクラバージョン
なので特に目新しいところはなし。

でも何か違和感を感じるのは、俺がホストクラブに行くことは一生ないと
ほぼ言い切れるのに対してキャバクラに一生行かないとは全く言い切れない
というある種の非対称性に原因がある気がします。
今のところキャバクラに行く気はさらさらないけど将来どうなるかはわからないし…。

この手のお水系漫画の特徴は

主人公(ヒロイン)を典型的お水像よりも純粋なタイプに設定する
サクセスストーリー

という2点にある気がします。特に前者。

どんな手段を使ってもトップになります」みたな露骨なハングリー精神の持ち主を
主役にすると読者の共感が得られない、とか作者が考えるからなんでしょうか。

お水系漫画に限らず「ミナミの帝王」「ナニワ金融道」みたいな半裏業界漫画も
結局は主人公をあまり悪役にはしない傾向があるところを見ると
上に書いたような作者の心理が働いているような気がします。

この手の漫画もそろそろ新たな題材となる業界を見つけないと飽和してしまう気がするし、
徹底的に腐った奴を主人公にする漫画があった方が面白い気がするんですが…、
というか多分2,3年後には実際そういう漫画が出現しているんじゃないかな?
[PR]
by pastimeparadise | 2006-03-26 05:24 | 雑記