Dr Dre

e0054096_3481882.jpghiphopといえば2pac, notorious BIG,
snoop dogあたりの超メジャーどころしか
聞いていなかった俺ですが、ようやくDr Dreに
手を出してみました。
って超メジャーなんですけどね…。
しかもベスト盤なんだけどね…。

California Love関係の3人(Roger, 2pacとDr Dre)
の中で聞いたことがなかったのがDr Dreだったので
聞いてみたという流れです。

1曲目Nuthin' but a "G" Thangはすごい。
いつごろの曲かは知らないけど80年代的っぽいノリで
すげえかっこいい。
Sugerhill Gangとかと似た雰囲気。

あとはやはりCalifornia Love!
これは高校のときに聞いてはまった曲だったし、ZAPP来日時にも
(Rogerではないけど)聞いた曲だったので余計に感慨深い。
でも一番しっかり聞いてしまうのはラップの部分じゃなくて
Rogerが歌っているところだったりします笑
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-07-04 03:54 | 音楽

面白い記事を発見

http://kyuuri.blogtribe.org/entry-f1165e28c4c1b8148688f65e446c7a78.html
エンロン事件に対するフリードマンの見解。

要するに「インサイダー取引が合法化されれば、粉飾決算等の事実を知る
内部者がさっさと株を売り払うので株価が急降下するといった形で
内部情報が即座に株価に反映されるため、内部告発等に頼るしかない現在の状況に比べて
企業情報が株価として市場関係者にすぐに伝わるため株式市場が効率化する」ということ。

これはとても面白い話だと思う。
インサイダー取引禁止の法的根拠が何なのかは知りませんが
多分「株式取引の公平性性確保」あたりだと思います。
しかしこの公平性確保のためインサイダー取引が禁止された結果、
株価に含まれる情報が減少するため、株価の企業のファンダメンタルズに
関する情報としての有用性を損ねていると。

ですが某chにも書かれていた通り、インサイダー取引を合法化すれば
内部情報を持つトレーダーがより戦略的な株式取引を行う可能性があるため、
却って株価がシグナルとしての有用性を失うんじゃないかなんていう考え方もあります。

ここらへんの論点を分析した論文はあるのかな?調べてみようと思います。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-07-02 00:17 | econ

テキスト

現在TAをやっている先生が新たに出版する(かもしれない)
学部初級者向けミクロ経済学テキストの編集(場合によっては執筆)に関わる
ことになるかもしれません。
本業の研究では院内でも最下層カーストの俺ですが経済学教育には
かなり関心を持っているし、特にその教育のベースになるテキストに関しては
強い関心をもっています。

理由は簡単で、既存のミクロ経済学テキストがことごとくつまらないから
特にミクロ経済学は机上の空論というイメージが強いですが、
この原因の多くは学部初級者に対する経済学教育とその教材(テキスト)が
現実経済への理解を深めるという意思を持って経済学を学ぼうとしている初学者
に対する配慮を大きく欠いていると考えるからです。

多くの邦書ミクロ経済学テキスト(西村、武隈等)は既にミクロ経済学の思考法を
受け入れている人にとってはコンパクトで説明が丁寧なテキストだと思いますが
(不満はあるけど)、そうでない人による、経済学徒にとっては的外れとも思える質問
に対して親切に答えようという意識が希薄だと感じています。

これに対して、今回携わることになるかもしれないテキストの基礎となる
先生の講義資料は、現実経済との整合性等をある程度意識して書かれており、
また数学書に準じた「定義→定理→証明」のスタイルからも離れて
人の直感に沿った説明をしようという試みがあります。

これらの点で現在の邦書テキストよりは知的好奇心を喚起できるだろうし、
また机上の空論を一方的に押し付けられた結果として生まれる不毛な経済学批判
を少しくらいは減らせるのではないか…なんてことを考えたりもします。

「将来の定番テキストに自分の名前が入るかも」「業績になる」といった
下心もないわけじゃないですが、日本の経済学教育の向上に間接的にでも
貢献できるというのがこのテキスト編集に関わりたい一番の動機かなぁ。

先生も忙しい方なんで実際に出版にこぎつけられるのかは分からないですが、
そうなるように期待して待ってよう…。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-30 23:38 | econ

奨学金

留学用奨学金の1つであるフルブ○イト奨学金の一次選考みたいなものに
通過したので二次選考のための書類を書いているのですが…、
一次にも増して面倒な書類の数々。

特に一番だるいのは以下の項目。

STUDY/RESEARCH OBJECTIVES
Write a clear and detailed description of your study objectives and give your reasons for wanting to pursue them. Be specific about your major field and your specialized interests within this field. Describe the kind of program you expect to undertake, and explain how your study plan fits in with your previous training and your future objectives. This statement is an essential part of your application.


PERSONAL STATEMENT
This personal statement should be a narrative statement describing how you have achieved your current goals. It should not be a mere listing of facts. It should include information about your education, practical experience, special interests, and career plans. Describe any significant factors that have influenced your educational or professional development. Comment on the number of years of practical experience already completed in the field in which academic work will be done in the U.S. Do not mention specific U.S. universities at which you would like to study.

要するに研究プランとキャリアビジョンを書けって感じなんだけど、
特にキャリアプランは未だに民間と大学の間で迷っている俺としては
結構難しいものがあります。

それぞれフォントサイズ12でA4一枚分書かなければ…。
とはいえ、ここで書いてしまえば他の奨学金や留学出願書類に転用できるので
11月~12月に迎えることになる出願地獄をある程度緩和できかも。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-30 23:20 | econ

今週はありえない

今月はとにかく忙しい月だったが最終週である今週こそ最悪です。

土曜:日曜日に控えた講師の仕事の準備と火曜のTOEFLの準備に追われる

日曜:2時間程度しか寝れず、日曜は某資格予備校での講師の仕事が朝から
2コマ入りその後家庭教師をしたあと採点をやり、今日(月曜)の宿題解説の準備をやる

月曜(今):駒場で宿題解説をやった後、今も続く採点業務に追われているという状況。
そしてそれが終わり次第明日のTOEFLと研究会の準備

火曜:TOEFLおよび研究会終了後、翌日に控えた複素関数論宿題レポート作成、
そして木曜に控えた電力市場論文の準備

水曜:複素関数論授業出席後、自宅のリフォーム準備のため大掃除、
その後木曜に控えた論文の準備

木曜:論文指導後、金曜に控えた宿題解説その2の準備、それが終わり次第
今月末締切の翻訳×2に着手

金曜:授業出席および宿題解説後、翻訳の続き

土曜:多分この日も翻訳の続き、日曜に控えた講義と家庭教師の準備


忙しいのはいいのですが、何が問題なのかというと、
自分が研究が全くといってできないということ。
忙しさの原因のほぼ全てが仕事です。
9月までは基本的に仕事優先でやる予定だからしょうがないんだけどね。。
院生の仕事って時給いいけど(実質で最低3000円)季節労働者的な
ノリが強いので安定して仕事が来ないので、忙しいからといって断ると
ヒマなときに仕事が来なくて困ったりします。

ちなみに上で「論文の準備」と書いてるのは、先生に「何もしてないじゃん」という
突っ込みをされない最低限の準備をするだけであってそれ以上のことはできない。

それでもずっと作業やってるのはキツイからこうやってblog更新とか
してしまうんだよなぁ…。ここらへんが俺のまずいところ。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-27 01:08 | 雑記

If I Ain't Got You (mixiからの転載)

e0054096_22374040.jpg最近になってようやくAlicia "If I ain't got you"の
remixを聞くことができました。

1. usherとのデュエットバージョン
ちょーかっこいい。usherが原曲キーに限りなく近づけて
歌っていることに驚いた。あまりに音が高いところは
Aliciaとのハモりで下パートを歌ったりして
ごまかしていたけど・・・。
それにしてもあれだけ歌えるのはすごい。

ちなみ"My Boo"もAlicia & Usherだけどこっちは
あんまいけてないとか(未確認)。
いいデュエットが聞けて嬉しいです。


2. Kanye Westによるリミックス
「こんな手があったのか!」と意表を突かれたリミックス。
基本的にリミックス大嫌いな俺ですがこれには感動。
原曲とメロディーラインをうまく下にずらした中に
Aliciaの原曲をキー上げたり早回しにしたものをかぶせている。
(っていう説明で正しいのかは分からないけれど・・・)
原曲の雰囲気を壊さないけどオリジナリティがあって
いいリミックスだなぁとつくづく思いました。
Kanye West素晴らしい!


ちなみに"You don't know my name"のレゲエリミックスなんかも
あったんですが、こっちはあんまり好みじゃありませんでした。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-26 22:39 | 音楽

脱力

八景島シーパラダイス(うちの超近所)の広告が電車内にあったので見てみると、



・I love(ハートマーク) Sports

・No Sports, No Life !

・Sports For All




という、どこかで誰でも見たことがあるであろうキャッチコピーのパチモンが
たかだかA3の紙面に3つまとめて使われていた。
この徹底した手抜きというかコスト削減には脱力です。(脱帽ではなく)
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-26 01:07 | 雑記

Lutherその3


Luther3枚目は"Songs"。
今のところはカバー曲ばかり聞いていたのですが、
ホントにカバー曲が多い!

ArethaやIsley Brothersもやってた"Love The One You're With"、
いわずと知れた名曲"Killing Me Softly"、Mariahとの
"Endless Love"、Motownの名曲"Reflections"
(誰がやってかは忘れてしまいました…)などなど。

まさにブラコンって感じの音ですが、全体的に甘めにまとまっていて
面白いアルバムです。ってどのアルバムでも同じか…。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-25 21:52 | 音楽

Marlena Shaw


続けて購入してみたのがMarlena Shawのアルバム
"Who is this bitch anyway?"です。
今さら買ったのか?と言われそうなシロモノではありますが…。

とにかくオシャレサウンドだな!特に1曲目。
ウォーキングベースになったり色々とリズムが変化する中で
彼女が少しブルージーに歌い上げていくのだけど、
一言で言っちゃえばエゴラッピンだなぁ。
というかエゴラッピンが目指してたのはこういう音なのかな
って気がしなくもない。

全体的にオシャレ感が出ているアルバム。
アンチも割といて、彼らはこの露骨なまでのオシャレっぽさを
逆に凡庸と解釈しているようです。
まだ全体をちゃんと聞いてないので何ともいえないですが、
これはErykah Baduなんかへの批判と相通ずるものがありそうだなと。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-25 01:14 | 音楽

Lutherその2

Luther第二段はMariah Careyとのデュエットをやっている"Endless Love"
Endless Loveといえば言わずと知れた名曲ですが、
これをルーサーとマライアでやるってのが結構面白い。

はっきり言ってマライアは好きじゃないですが、これは結構気に入った。
でもDiana RossとLionel Richie本人がやってる方がいいかなぁ。。。

ちなみに曲目はこんな感じ。

1.Endless Love
2.Endless Love [Instrumental]
3.Never Too Much [Live]
4.Any Love
5.She Won't Talk to Me


ってわけでNever Too Muchのライブも入ったりしております。
いやぁいいね~。テンポが何となくおかしい気がするけど
生Lutherってのが伝わってきてかなりいい感じです。
[PR]
# by pastimeparadise | 2006-06-25 01:07 | 音楽